あす関東付近 朝の通勤・通学時 荒天のおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あす関東付近 朝の通勤・通学時 荒天のおそれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


あす21日は、関東甲信や東海では風が強く、朝の通勤・通学の時間帯は、局地的に激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨のおそれがあります。

交通機関に影響か

あす21日(火)は、寒冷前線が昼頃に関東地方を通過する見込みです。南から湿った空気が流れ込むため、前線が近づく前から関東周辺では大気の状態が非常に不安定になります。今夜から広い範囲で降りだす雨が、あすのお昼頃にかけて続きそうです。雨のピークが明け方から昼頃にかけてとなり、朝の通勤・通学の時間帯は、局地的にバケツをひっくり返したような激しい雨や傘が役に立たないような非常に激しい雨が降るでしょう。特に東海で雨の降る量が多くなりそうです。関東や東海では沿岸部を中心に風が強いため、横殴りの雨になる所もあるでしょう。列車の遅れや高速道路の規制など、交通機関に影響のでるおそれもありますので、ご注意下さい。
あす朝までの24時間に予想される雨の降る量は、多い所、関東甲信で120ミリ。東海で180ミリとなっています。土砂災害や地下街など低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒して下さい。また、関東地方の海上では、あすにかけてうねりを伴ってしけるでしょう。海上や沿岸部では高波にも警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい