図表で振り返る 東京の桜 満開までの道のり 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

図表で振り返る 東京の桜 満開までの道のり

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


先週21日に開花が発表された東京のソメイヨシノ。きのうからの「寒の戻り」にも負けず順調に開花が進んでいます。さて、平成も残すところ40日を切り、今回が最後となる「平成の桜」。昨年までの平成の30年間、東京では開花してから満開までどのくらいの日数を経ていたか。図表で確認します。

平成最長は14日 最短は開花から4日

先週21日に開花が発表され、都内でも本格的な桜のシーズンに突入しました。次に気になるのが見頃のタイミング。そこで昨年までの平成の30年間の東京都心の【開花から満開までの日数】を調べてみました。
年号が昭和から平成に変わった年は、開花から満開までに実に14日間を要しました。平成の30年間で最長の記録です。その一方で、開花から満開まで最も早かったのが、平成10年の4日。この期間中は、最高気温が連日15度を超えていて、満開発表の前日の3月30日には24.5度と満開を後押しする暖かさでした。
ここ数年を振り返ると昨年の平成30年(2018年)は過去最早の記録に迫る3月17日に開花し、7日後には満開を迎えました。おととしの平成29年(2017年)の開花は3月21日で平年より5日早い開花でしたが、その後、雨の日が多く、満開までに12日もかかりました。
※上記は「平成」で括ったデータです。
更に時代を遡ると
最長記録:20日(1937年)
最短記録:3日(1964年,1931年)という記録があります。

東京の桜 きょうの表情

きょう24日の東京は、朝から綺麗な青空が広がりました。けさ東京・千代田区にある靖国神社を覗いてみると標本木の蕾は順調に咲き開いていました。境内にはソメイヨシノ以外にも様々な桜の木々があり、見ごろとなっているものもありました。
日本気象協会20日(水)発表の最新の予想では、東京の満開は今週金曜日の29日を見込んでいます。次の週末の30日土曜日と31日日曜日は、見ごろとなった桜の下、平成最後のお花見を楽しむことが出来るはずです!

あす25日 花見ランチできる?

あす25日は、きょうに引き続き、高気圧の晴れの圏内です。昼ごろの気温は、10度を超え、日差しが暖かく感じられそうです。ですので、ランチタイムに桜の下でお花見を楽しむことが出来そうですよ。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい