16日 関東は冬晴れ 風が冷たい一日に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

16日 関東は冬晴れ 風が冷たい一日に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像


きょう16日(水)の関東は、冬晴れで、北風が吹いて寒い一日に。北関東の山沿いは昼頃まで雪。

関東のきょう 平野部は冬晴れ

きょう(16日:水曜)の関東の特徴は「冬晴れ、風が強く寒い一日」です。
【関東の天気(16日:水曜)】
きょうは西高東低の冬型の気圧配置になっています。天気図では等圧線の間隔が狭く、季節風が強く吹きやすいタイプです。関東各地は、すっきりと晴れて、空気が乾いてきます。きのうは関東地方を「寒冷前線」が通過したため、前線の接近中は南部を中心に南寄りの風が強まりましたが、通過後のきょうは北西の風に変わってきました。日中はこの風が強めに吹く見込みです。関東平野では上越国境の高い山々を越えてくる風が吹き降りるため、乾いた空気に覆われます。きょうも火の元・火の取り扱いにご注意下さい。インフルエンザが流行期を迎えています。人ごみの中ではマスクを着用し、帰宅時にはうがい、手洗いなどを心がけましょう。【関東の最高気温(16日:水曜)】
けさ午前5時現在の気温は内陸部や北部を中心に氷点下です。千葉県南部ではきのうの朝より10度も高い所がありますが、北からジワジワと冷たい空気が南下しています。東京都心では、きのうの同じ時間より2度ほど高い2.7度ですが、現在も気温は下降中です。通勤・通学のころは空気が冷たく、思わず身構える寒さでしょう。日中の最高気温は、北部では8度から9度、南部では10度から13度の予想で、平年並み(寒中らしい寒さ)です。冬晴れでも、きょうは北西の季節風が強めに吹きますから、体感温度はより低くなりますから、お出かけには風を防ぐ対策がおススメです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい