週間 さらに寒く…都心は再び10度届かず 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 さらに寒く…都心は再び10度届かず

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


再び強い寒気が流れ込み、週末にかけて気温が下がる見込みです。都心でも10度に届かない日があり、寒さ対策が欠かせません。

あすの天気 北風冷たく

あす13日(木)は、本州付近は西高東低の冬型の気圧配置となり、強い寒気が流れ込みます。太平洋側は広い範囲で晴れますが、最高気温は10度くらいの所が多いでしょう。冷たい北よりの風が吹き、体感的にはさらに寒く感じられそうです。日本海側は北海道や東北では雪でふぶく所もあるでしょう。北陸や山陰も、雪の交じることがありそうです。また、所々で雷を伴うでしょう。なお、夜は東北に低気圧が近づくため、東北の太平洋側でも夜は雪の降る所がありそうです。

あさって以降の天気 寒さ強まる

強い寒気の影響はしばらく続き、14日(金)から15日(土)頃が寒気の底となりそうです。今週末は、日差しの届く九州から関東の太平洋側でも、最高気温が10度を下回る所があるでしょう。東京の15日(土)の予想最高気温は8度と、真冬並みの寒さです。北陸や東北は5度くらい、北海道では0度に届かない所もあるでしょう。マフラーや手袋、厚手の上着などでしっかりと防寒対策が欠かせません。また、寒気が強く、東北の太平洋側でも雪の降ることがありそうです。冬タイヤへの交換が済んでいない方は、早めの交換をおすすめします。

再び南岸低気圧接近 関東の雪は?

16日(日)から17日(月)頃は、本州の南岸を低気圧が東へ進む見込みです。九州から関東を中心に傘の出番となるでしょう。南岸低気圧は関東など太平洋側に雪をもたらすことがありますが、今のところ平地で雪が降ることはなさそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい