東海 11日にかけて大雨に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東海 11日にかけて大雨に注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


台風第5号の北上に伴い、梅雨前線には暖かく湿った空気が流れ込むため、梅雨前線の活動が活発になる見込みです。東海地方は、台風の直接的な影響を受ける可能性は小さいですが、梅雨前線の影響で三重県や静岡県を中心に大雨に注意が必要です。

10日の東海地方の天気

きょう10日(日)は、梅雨前線が北上する見込みです。このあとの日中も、雨が降ったりやんだりの天気で、夜にかけて南の方から雨の範囲が広がってくるでしょう。南の地域ほど雨の降り方がしっかりとする見込みです。地形の影響で、三重県南部や静岡県山間部では雨量が多くなり、1時間に40ミリ前後の激しい雨が降る所があるでしょう。その他の地域も、1時間に20ミリ以上の強い雨が降る可能性があります。雨雲の動きなどをチェックして、短時間にザッと降るような雨にご注意ください。また、海上では風が強く、波はうねりを伴いしける所がありますので、強風や高波に注意をしてください。

11日の東海地方の天気

雨は、あす11日(月)の昼頃まで降り続く見込みです。台風第5号が東海地方に最も接近するのは11日の昼過ぎ頃ですが、雨のピークは11日の未明から明け方頃になりそうです。朝から昼頃にかけては、段々と弱まっていくでしょう。ただ、三重県南部や静岡県山間部では総雨量が200ミリを超える所もある見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水にご注意ください。午後も天気の回復は遅く、夜にかけても雲が多いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい