九州 土砂災害に厳重警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 土砂災害に厳重警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

梅雨前線は今夜からあす(12日)にかけて九州を南下するため、九州は雷を伴い局地的に激しい雨が降るおそれがあります。これまでの記録的な大雨で地盤が緩んでいる所がありますので、土砂災害に厳重に警戒が必要です。

梅雨前線 九州を南下

きょう(11日)は梅雨前線が朝鮮半島から対馬海峡付近まで南下してきたため、九州は大気の状態が不安定になっています。所々で雨が降り、活発な雨雲の下では局地的に激しい雨が降っています。
梅雨前線は今夜からあす(12日)にかけて九州を南下するため、大気の状態が非常に不安定になり、九州はあす(12日)にかけて雷を伴い局地的に激しい雨が降るおそれがあります。これまでの記録的な大雨で地盤が緩んでいる所がありますので、土砂災害に厳重な警戒が必要です。
また、きょう(11日)昼に鹿児島に発生した地震で、揺れが大きかった地域では地盤が緩んでいる恐れがありますので土砂災害などに注意が必要です。

きょう(11日)は猛暑日となった所も

きょう(11日)も九州は太平洋高気圧の周辺に沿って湿った空気が流れ込み、かなりの蒸し暑さでした。最高気温は30度以上の真夏日の所が多く、大分市は36.2度まで上がるなど、猛暑日の所がありました。梅雨前線はあさって(13日)以降、九州の南海上に南下するため、九州北部を中心に晴れ間が出る所が多くなり、引き続き気温が高い状態が続くでしょう。特に避難をされている方や復旧などの作業を行われる方は熱中症に気を付けてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい