全国的にスッキリしない月曜日 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

全国的にスッキリしない月曜日

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
06日09時の予想天気図

06日09時の予想天気図

分布予報

分布予報

あす(6日)は、日本海を進む低気圧が、夜にかけて東北地方を通過するでしょう。また、前線を伴った低気圧が日本の南海上を東よりに進む見込みです。全国的にスッキリしない月曜日となりますが、雨や雪の中心は北陸や東北と九州南部から関東の太平洋沿岸となりそうです。一日、雲の多い天気で、雨は降らず次第に晴れてくる所もあるでしょう。夜は低気圧が日本の東海上へ進んで、気圧配置は冬型に変わる見込みです。寒気が南下して、東北の日本海側や北陸は雨から次第に雪の範囲が広がるでしょう。山陰も山沿いで雪になりそうです。

北陸や東北 雨や雪の降り方が強まることも

北陸では昼過ぎから雨が降りやすくなるでしょう。東北の日本海側は雪や雨となる見込みです。低気圧の周辺は大気の状態が不安定になるため、カミナリを伴って雨や雪の降り方が強まることもあるでしょう。

九州から関東 太平洋沿岸を中心に雨

九州や四国は朝まで雨の降る所がありますが、その後はやむでしょう。昼過ぎからは晴れ間が広がる見込みです。近畿から関東は昼前後を中心に一時的に雨となるでしょう。雨雲は大部分が海上(活発な雲も含む)となる見込みです。特に降り方が強まることはなく、内陸では一日を通して雲の多い天気で、雨が降らない所もあるでしょう。一方、伊豆諸島では活発な雲がかかり、カミナリを伴って雨脚の強まる所がある見込みです。沖縄も雨や雷雨となり、午前中は局地的に激しく降るでしょう。落雷や突風にも注意が必要です。

夜は日本海側で雪

夜は冬型の気圧配置になるでしょう。上空1500メートル付近の0度線が日本列島をスッポリ覆い、平地で雪の目安となる-6度線が日本海沿岸まで南下する見込みです。東北の日本海側や北陸では雨から次第に雪の範囲が広がる見込みです。山陰でも山沿いは雪になるでしょう。北海道も夜に入って、道央、道南、道東で雪となる見込みです。あさって(7日)以降は、再び冬の寒さが戻る見込みです。関東から西の各地は、冬用のコートなど、そろそろ「しまう」か「しまわない」かどうしようか・・・と考える頃ではありますが、少なくとも今週はまだ活躍する日がありますので、すぐに用意できる所へ置いておくとよいでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい