今週の天気 天気と気温の変化大 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今週の天気 天気と気温の変化大

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
今週の天気2月20日~2月26日

今週の天気2月20日~2月26日

週明けは広く雨のスタート。向こう一週間、天気と気温の変化がめまぐるしくなりそうです。

週のスタートは広く雨や雪で荒天 近畿は春一番か?

20日(月)は、全国的に雨や雪が降り、風も強く荒れた天気になりそうです。日本海を前線を伴った低気圧が進み、発達しながら東北付近へ進む予想です。20日(月)の未明から東北や北海道の日本海側、北陸の山沿いでは雪が降り出す見込みです。ただ、低気圧に向かって暖かい空気が流れ込むため、日中は東北から九州にかけて広く雨となりそうです。雷が鳴ったり、ザッと強く降る所もあるでしょう。東京など関東の一部でも、午後は一時的に雨の降る可能性がありますのでお出かけの際は折り畳みの傘があると安心です。夜になると低気圧や前線は日本の東へ抜けて、その後は冬型の気圧配置になるでしょう。夜は日本海側では雨から雪へと変わる見込みです。東北の日本海側や北陸の山沿いでは、雪から雨、そしてまた雪と、天気の変化がめまぐるしくなりそうです。また、低気圧に向かって南風が強く吹いて、近畿では春一番の発表があるかもしれません。全国的に気温が高くなり、東京は18度、福岡は16度まで上がる予想です。寒がりの方にとっては嬉しい暖かさかもしれませんが、雪が積もっている地域にお住まいの方は、なだれや屋根からの落雪に注意をして下さい。

火曜日は気温急降下 冬型の気圧配置だが次第に緩む

21日(火)は、冬型の気圧配置が一時的に強まるため、日本海側では前半は雪の強まる時間がありそうです。東北や近畿など太平洋側にも一時的に雪雲が流れ込む可能性があります。北寄りの風が強く吹いて冷たい空気を運んでくるため、気温は急降下。20日(月)より5度以上低い所も多いでしょう。福岡や大阪、東京は日差しがあっても空気が冷たく感じられそうです。21日(火)の後半は西から高気圧に覆われて、西日本や東日本を中心に晴れそうです。

水曜から木曜 再び広く雨や雪で荒れる

高気圧に覆われて穏やかな天気が続くかと思いきや、22日(水)、高気圧は足早に東へ去ってしまいます。早くも西から低気圧が進んできて、西から天気が下り坂。福岡など西日本では雨の降り出す所があるでしょう。23日(木)は低気圧が発達しながら日本海から三陸沖を進み、全国的に雨や風が強まる見込みです。低気圧に向かって暖かく湿った空気の流れ込みが強いため雨の量が多く、月曜日より強く降るでしょう。お出かけの際は、大きめのしっかりした傘があると安心です。また、強い南寄りの風によって気温が上がり、東北南部から九州にかけて15度前後の予想です。東京は17度と、4月上旬並みの暖かさになりそうです。

週末は強い冬型から弱い冬型へ

24日(金)、日本付近は一時的に強い冬型の気圧配置になる見込みです。雪を降らせる冷たい空気は本州の南岸までやってきて、再び冬の寒さが戻ります。日本海側は雪の降る所が多いでしょう。25日(土)と26日(日)は冷たい空気は居座ったままで冬型の気圧配置が続く予想ですが、弱い冬型になりそうです。金曜日より雪の降り方は弱まってくるでしょう。
向こう一週間、天気と気温がめまぐるしく変わりそうです。雪や雨への備えはもちろんのこと、寒暖差も大きくなりますので体調管理にも注意して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい