花粉飛散ようやく半分 今週が峠 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

花粉飛散ようやく半分 今週が峠

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

花粉症の方には、つらい時期となっていますが、東京で、これまでに実際に飛散した花粉の数は、今シーズンの予想のまだ半分程度となっています。今週後半は春本番の陽気で、花粉が大量に飛ぶ見込みで、万全な対策を。上の図は、東京のこれまでの飛散数(赤の実線)と今シーズン予想される総飛散数(オレンジ)との比較です。
これまでに実際に飛散した花粉の数は、今シーズンの予想のまだ半分程度となっています。
赤の点線は今後の飛散予想をイメージしたもので、今週が峠となりそうです。
3月11日(金)から14日(月)までは関東はぐずついた天気で寒さが続き、花粉の飛散も比較的控えめでした。
花粉症の方も症状が幾分抑えられていたかもしれません。
一方、15日(火)は、日差しが戻り、最高気温も平年並みまで上昇、たくさんの花粉が飛んだとみられます。
16日(水)、17日(木)、18日(金)も天気の崩れはなく、さらに気温が上昇する見込みです。
都心も17日(木)からは20度近くまで気温が上がり、春本番の暖かさに。
この陽気で花粉が大量に飛散することが予想されます。
スギ花粉は今週が峠になりそうです。
例年、3月末にはスギ花粉の飛散は落ち着きはじめますが、その後もヒノキの花粉が飛ぶため、まだしばらくは花粉症の方にはつらいシーズンが続きそうです。
少しでも症状を和らげるよう万全な対策をなさって下さい。
対策については、下記リンク「衣類の「素材」や体調管理に注意」や「花粉症の症状を緩和させるために」も参考になさって下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい