週明けの通勤・通学 雨の降り方に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週明けの通勤・通学 雨の降り方に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

2日(月曜日)にかけて、雨の範囲が西から広がるでしょう。通勤・通学の時間帯に激しい雨や雷雨となる所もありますので、時間に余裕をもった行動を心がけると良さそうです。

関東甲信を中心に大気の状態が非常に不安定

九州の雨は明け方にはやむ所が多い見込みです。
四国から東北南部には昼頃にかけて広く雨となり、太平洋側ではバケツをひっくり返したような降り方になる所もあるでしょう。
特に関東甲信地方は大気の状態が非常に不安定になり、局地的に1時間に30ミリの激しい雨が予想されます。
車の運転はワイパーを速くしても見通しが悪くなったり、激しい雨が降った道路はブレーキがききにくくなることもあるでしょう。
沿岸部を中心にカミナリ雲が発生し、竜巻などの激しい突風の恐れもあります。

夜は北陸で雷雨

午後になると西から次第に雨はやむ見込みですが、関東から東北にかけての太平洋側では午後も活発な雨雲のかかる所があるでしょう。
伊豆諸島は18時までの24時間で降る雨の量が多い所で100ミリに達する見込みです。雨量が多くなる所では、道路の冠水や低い土地の浸水、河川の増水などにくれぐれもご注意ください。
なお、北陸はすっきりしない天気が続き、夜になるとカミナリを伴って急に雨脚の強まる所があるでしょう。お帰りの時間帯も天気の急変にお気を付けください。

昼間の東京は札幌より寒くなりそう

2日(月曜日)の最高気温は北海道から関東にかけて15度に届かない所が多く、札幌と東京の最高気温は共に14度の予想です。
なお、東京の昼前後の予想気温は10度くらいで、14度くらいになるのは夕方頃でしょう。
本州の太平洋側を中心に冷たい北風が強まりますので、実際の気温より一層寒く感じられそうです。
東海や近畿の最高気温も15度を少し超えるくらいで、日中も空気が冷たいでしょう。
そのほかの西日本の最高気温は20度前後の所が多く、沖縄は雲が多いながらも25度まで上がる見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい