関東や東北の大雨 今後の見通し 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東や東北の大雨 今後の見通し

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp#豪雨
午後3時現在の雨雲の様子

午後3時現在の雨雲の様子

関東や東北は記録的な大雨となっています。都心でも降り始めからの雨量は平年の9月ひと月分の雨量を超えました。今夜にかけても大気の不安定な状態が続くでしょう。関東と東北の今後の雨の見通しをまとめました。

関東の見通し

栃木県と茨城県に特別警報が継続して発表されています。
降り始めからの雨量が栃木県の日光市瀬川などで600ミリを超え、茨城県の古河市で約300ミリと、これまでに経験したことのないような大雨となっています。
東京都心も降り始めからの雨量が250ミリを超えて、平年の9月ひと月分以上の雨が降りました。
午後3時現在、昨日からかかり続けた南北に連なった雨雲は関東地方からはいったん抜けています。
ただ、関東地方には湿った空気の流れ込みが続き、所々に雨雲がかかっています。
今夜にかけても北部を中心に大気の非常に不安定な状態が続くため、所々で雨雲がかかるでしょう。
局地的に雨脚が強まる見込みです。
南部でも今夜にかけて雨が降ったりやんだりするでしょう。
現在は被害の起きていない地域でも、これまでの大雨で地盤が緩んでいたり、河川が増水しています。
危険な斜面や増水した川には近づかないようにして下さい。
交通機関への影響が続く可能性もありますので、交通情報にもご注意下さい。
明日も午前中を中心に北部では所々で活発な雨雲がかかるでしょう。
南部は晴れ間が広がりますが、一部でにわか雨がありそうです。
土曜日、日曜日になるとおおむね晴れるでしょう。
来週の前半にかけては晴れや曇りの天気で、大雨にはならない見込みです。

東北の見通し

福島県の福島市の鷲倉では降り始めからの雨量が400ミリを超えるなど、50年に一度の大雨となっています。
午後2時半現在は、福島県の浜通りから宮城県にかけて活発なライン状の雨雲がかかっています。
これから明日にかけて暖かく湿った空気が流れ込み、大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。
東北南部と太平洋側北部を中心に明日にかけて1時間に50ミリの非常に激しい雨が降り、大雨が続く見込みです。
東北南部では所々に土砂災害警戒情報が出されています。
すでに土砂災害の危険が高まっている所がありますので、厳重に警戒して下さい。
河川の増水や氾濫にも警戒が必要です。
土曜日には東北南部では天気が回復しますが、北部では日曜日にかけて雨が続くでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい