梅雨の闇夜に揺らぎ舞う蛍の光~平安和歌に見られる蛍~

2020/06/28 20:30

梅雨の雨が途切れた夕べの楽しみとして、蛍狩りは最適でした。近代文学なら、谷崎潤一郎の「細雪」の一場面や宮本輝の「螢川」があります。闇の中を音もなく、いくつもの小さな黄色い光が浮遊する幻想的な情景は、時代を越えて人々を魅了します。今回は、平安文学の蛍、そして和歌で詠まれた蛍を紹介します。

あわせて読みたい

  • 豊かな王朝のことば ── 和歌に見る恋と蛍、そして煙

    豊かな王朝のことば ── 和歌に見る恋と蛍、そして煙

    tenki.jp

    5/19

    王朝のことば ── 恋と蛍、そして煙

    王朝のことば ── 恋と蛍、そして煙

    tenki.jp

    6/9

  • 七十二候《腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)》……蛍が幻想的な光を放つころ

    七十二候《腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)》……蛍が幻想的な光を放つころ

    tenki.jp

    6/15

    梅は春の喜びをあらわす花~平安前後の和歌に見られる梅~

    梅は春の喜びをあらわす花~平安前後の和歌に見られる梅~

    tenki.jp

    2/27

  • 梅雨は、長雨(ながめ)、五月雨(さみだれ)~平安和歌に見られる五月雨~

    梅雨は、長雨(ながめ)、五月雨(さみだれ)~平安和歌に見られる五月雨~

    tenki.jp

    6/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す