暦に書いてある小さなアレ。ハレの日だけじゃなく、日常にも活かしてみませんか? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

暦に書いてある小さなアレ。ハレの日だけじゃなく、日常にも活かしてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
信じるも信じないも自由なのが占い。迷った時の参考にはもってこい?

信じるも信じないも自由なのが占い。迷った時の参考にはもってこい?

慶事、弔事などの日取りを決めるのに、カレンダーの小さな文字を参考にしたことはありませんか?よく知られているのは「大安」「仏滅」などですが、意味などをご存知でしょうか?今回は詳しく解説しちゃいます。普段の生活にも参考に、活かしてみてはいかがでしょうか?もうすぐ始まる新しい暦。実りの多い毎日の準備を、今から始めてみませんか?

「六輝」「六曜」と呼ばれます

暦の日付に小さな文字で書かれている六輝(ろっき)、六曜は暦注のひとつです。「先勝(せんかち)」「友引(ともびき)」「先負(せんまけ)」「大安」「仏滅」「赤口(しゃっこう)」と六つの星の巡りを表しています。旧暦の正月朔日(さくじつ)(※)を先勝と定めて、以後、2月朔日は友引、3月朔日は先負、という順に日を配して循環します。この6つの星によって、その日の吉凶を占います。元は、中国で時刻に対しての吉凶占いであったものが、日本に伝来してから、時刻や方位の吉凶判断に用いられました。
※朔日 毎月の第1日。ついたち。朔月(新月)。<大辞泉による>

今では書かれているけれど、禁止されていた時代も?

日本に六曜が伝来したのは鎌倉時代とされていますが、当初は大安、留連(りゅうれん)、速喜(そっき)、赤口(しゃっく)、将吉(しょうきち)、空亡(くうぼう)の循環であったそうです。その後、江戸時代に入って六曜の暦が流行しました。時代とともに名称や解釈、順序が少しづつ変化していき、現在使用しているような六曜が確定するのは江戸後期とされています。
明治に入って、暦が太陽暦に変わるにあたり「暦の吉凶占いは迷信である」として明治政府が六曜などを暦に記載することを一切禁止しましたが、当時の人々はこれに反発して、民間で「おばけ暦」と呼ばれる吉凶占い満載の暦が出回りました。その後、第二次世界大戦後は政府による統制も廃止され、現在のような暦が販売されるようになっています。
ちなみに、仏滅や友引などは仏事に関連があるように思われがちですが、仏教では占いを否定しており、関連はありません。

それぞれの表していることは?

「先勝」
「せんしょう」とも呼ばれたりします。急用や訴訟などに吉の日とされています。ただしそれは午前中のことで、午後には凶となります。
「友引」
世間一般では、この日に葬儀を行うと死者の道連れにされる恐れがあるとして避けられたりしています。午前中と夕刻、夜は相引きとして勝ち負けなしの吉日とされています。ただし、昼は凶となります。
「先負」
「せんぷ」と呼ばれたりもします。この日は諸事控え目にして、静観するのがよいとされています。急用や公事は避けるのがよしとされています。ただし午後は大吉になります。
「仏滅」
この日に開店、移転などの新規に事を起こすことや、陰陽道では何をするにも忌むべき日とされています。
「大安」
「だいあん」と呼ばれたりもします。陰陽道では、この日は婚礼、旅行、建築、移転、開店など、何事をするにも吉とされています。
「赤口」
「しゃっく」と呼ばれたりもします。新規の事始めはもちろん、何事をするにも忌むべき日とされています。ただし正午のみは吉になります。参考
大辞泉
神宮館


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい