がん患者の外見支援で“格安”医療用ウィッグに脚光 

澤田晃宏AERA
明るい店内で、医療用ウィッグをスタッフに装着してみせる赤木勝幸さん(写真右)。抗がん剤による爪の変色などもネイルで対応している(撮影/編集部・澤田晃宏)

明るい店内で、医療用ウィッグをスタッフに装着してみせる赤木勝幸さん(写真右)。抗がん剤による爪の変色などもネイルで対応している(撮影/編集部・澤田晃宏)(11:30)AERA

記事に戻る