弔いだってデジタル化 四十九日まではロボットで一緒に 3/4

長倉克枝AERA
自宅を離れて施設で暮らす高齢女性に、亡くなった夫を「デジタル供養」してもらったところ、「いつでも夫に会えるような気がする」(写真:瓜生さん提供)

自宅を離れて施設で暮らす高齢女性に、亡くなった夫を「デジタル供養」してもらったところ、「いつでも夫に会えるような気がする」(写真:瓜生さん提供)(16:00)AERA

記事に戻る