写真・図版 | 大島優子「ほかにいい人、いるんじゃないか?と思ったことも」。石井裕也監督との対談で語った〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大島優子「ほかにいい人、いるんじゃないか?と思ったことも」。石井裕也監督との対談で語った 

このエントリーをはてなブックマークに追加
中村千晶AERA

大島優子(おおしま・ゆうこ、左):1988年、栃木県出身。2006年から14年までAKB48として活動。「紙の月」(14年、吉田大八監督)、「ロマンス」(15年、タナダユキ監督)など出演作多数/石井裕也(いしい・ゆうや、右):1983年、埼玉県出身。近作に映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」(2017年)、「町田くんの世界」(19年)などがある。近著に『映画演出・個人的研究課題』(朝日新聞出版)(撮影/写真部・小黒冴夏)

大島優子(おおしま・ゆうこ、左):1988年、栃木県出身。2006年から14年までAKB48として活動。「紙の月」(14年、吉田大八監督)、「ロマンス」(15年、タナダユキ監督)など出演作多数/石井裕也(いしい・ゆうや、右):1983年、埼玉県出身。近作に映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」(2017年)、「町田くんの世界」(19年)などがある。近著に『映画演出・個人的研究課題』(朝日新聞出版)(撮影/写真部・小黒冴夏)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい