契約書か漱石の『こころ』か、どちらかしか学べない? 高校国語の新学習指導要領に困惑の声

  • 教えるべきは「契約書」か、漱石の『こころ』か。二択を迫るような新学習指導要領の高校国語の科目設定に、学校現場からは困惑の声があがる/2019年12月、神奈川県内の高校で(撮影/写真部・小山幸佑)

    教えるべきは「契約書」か、漱石の『こころ』か。二択を迫るような新学習指導要領の高校国語の科目設定に、学校現場からは困惑の声があがる/2019年12月、神奈川県内の高校で(撮影/写真部・小山幸佑)

  • 新学習指導要領で高校国語はこう変わる(AERA 2020年1月13日号より)

    新学習指導要領で高校国語はこう変わる(AERA 2020年1月13日号より)

  • 国語の役割とは?(AERA 2020年1月13日号より)

    国語の役割とは?(AERA 2020年1月13日号より)

  • 関連記事

    • 4月に変わる「高校国語」に学者から怒りの声 「人の気持ちがわからない子が育つ“改悪”」

      4月に変わる「高校国語」に学者から怒りの声 「人の気持ちがわからない子が育つ“改悪”」

    • 共通テスト国語の問題作成委員の関与が疑われる例題集の内容とは またもや利益相反疑惑

      共通テスト国語の問題作成委員の関与が疑われる例題集の内容とは またもや利益相反疑惑

    • 内田樹「子どもたちには『論理国語』よりもコナン・ドイルを」

      内田樹「子どもたちには『論理国語』よりもコナン・ドイルを」

    写真の記事を読む
教えるべきは「契約書」か、漱石の『こころ』か。二択を迫るような新学習指導要領の高校国語の科目設定に、学校現場からは困惑の声があがる/2019年12月、神奈川県内の高校で(撮影/写真部・小山幸佑)
新学習指導要領で高校国語はこう変わる(AERA 2020年1月13日号より)
国語の役割とは?(AERA 2020年1月13日号より)
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 浜矩子「高校の国語教育『改悪』は、日本の若者から反論する知性を奪いかねない」
    筆者の顔写真

    浜矩子

    浜矩子「高校の国語教育『改悪』は、日本の若者から反論する知性を奪いかねない」

    AERA

    4/15

    共通テスト国語、「初年度は安全運転」「複数資料と実用的な文章に特徴」 検討会議の専門家が評価

    共通テスト国語、「初年度は安全運転」「複数資料と実用的な文章に特徴」 検討会議の専門家が評価

    AERA

    3/28

  • 東大文学部の白熱シンポジウムを書籍化、日本の教育改革にメス “ことばはツール”なのか?

    東大文学部の白熱シンポジウムを書籍化、日本の教育改革にメス “ことばはツール”なのか?

    AERA

    10/5

    大論争・心に残る作品2位『こころ』は高校教科書でもう読めない!? 1位は…

    大論争・心に残る作品2位『こころ』は高校教科書でもう読めない!? 1位は…

    AERA

    1/11

  • 共通テストの「国語の記述式」に第一人者が反対する理由 逆に自由な発想ができなくなる

    共通テストの「国語の記述式」に第一人者が反対する理由 逆に自由な発想ができなくなる

    AERA

    11/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す