写真・図版 | 血液型が違う夫婦間でも生体腎移植が可能に 「慢性腎臓病」移植医療の進化〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

血液型が違う夫婦間でも生体腎移植が可能に 「慢性腎臓病」移植医療の進化 

このエントリーをはてなブックマークに追加
狩生聖子週刊朝日#ヘルス

内視鏡による手術も増え、ドナーの負担も軽くなった。このため最近は、夫婦間の腎移植も増加している(※写真はイメージ)

内視鏡による手術も増え、ドナーの負担も軽くなった。このため最近は、夫婦間の腎移植も増加している(※写真はイメージ)

[ヘルスの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい