写真・図版 | 「芸術で食べていける仕組みをつくる!」現代美術家・椿昇が力を注ぐ若手アーティストを育てる取り組みとは?〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

「芸術で食べていける仕組みをつくる!」現代美術家・椿昇が力を注ぐ若手アーティストを育てる取り組みとは? 1/3

このエントリーをはてなブックマークに追加
近藤雄生AERA

椿さんは、全長50メートルに及ぶバッタの立体作品などで知られる。若手育成への意識が強いのは、中学・高校の美術教師だった経験とも関係がありそうだ(撮影/楠本涼)

椿さんは、全長50メートルに及ぶバッタの立体作品などで知られる。若手育成への意識が強いのは、中学・高校の美術教師だった経験とも関係がありそうだ(撮影/楠本涼)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい