散骨のため遺骨を粉末に、下町の粉骨工場を見学した

  • 費用は、手作業は1体2万3千円(骨壺サイズ6~7寸)。粉骨機を使った場合は1体1万5千円(同6寸~)。立ち会いには、立会料1万2千円が必要。作業時間は、手作業の場合は2時間から5時間(撮影/写真部・長谷川唯)

    費用は、手作業は1体2万3千円(骨壺サイズ6~7寸)。粉骨機を使った場合は1体1万5千円(同6寸~)。立ち会いには、立会料1万2千円が必要。作業時間は、手作業の場合は2時間から5時間(撮影/写真部・長谷川唯)

  • サライ代表の甲斐浩司さん。一人で粉骨作業を行うが、海洋散骨の「琉宮海葬」も行っている(撮影/写真部・長谷川唯)

    サライ代表の甲斐浩司さん。一人で粉骨作業を行うが、海洋散骨の「琉宮海葬」も行っている(撮影/写真部・長谷川唯)

費用は、手作業は1体2万3千円(骨壺サイズ6~7寸)。粉骨機を使った場合は1体1万5千円(同6寸~)。立ち会いには、立会料1万2千円が必要。作業時間は、手作業の場合は2時間から5時間(撮影/写真部・長谷川唯)
サライ代表の甲斐浩司さん。一人で粉骨作業を行うが、海洋散骨の「琉宮海葬」も行っている(撮影/写真部・長谷川唯)

あわせて読みたい

  • ブームの“粉骨” 値段は? やり方は? 海洋散骨は漁師の副業にも

    ブームの“粉骨” 値段は? やり方は? 海洋散骨は漁師の副業にも

    週刊朝日

    8/19

    首都圏なら300万円も…お金がかかる“墓じまい” 最も安い場所は…

    首都圏なら300万円も…お金がかかる“墓じまい” 最も安い場所は…

    AERA

    8/12

  • ドライブスルー葬儀、葬式「早割」… 多死社会を救う葬儀ビジネス

    ドライブスルー葬儀、葬式「早割」… 多死社会を救う葬儀ビジネス

    AERA

    8/11

    納骨堂が都心で急増 「墓じまい」失敗から学ぶポイントとは

    納骨堂が都心で急増 「墓じまい」失敗から学ぶポイントとは

    週刊朝日

    8/27

  • 島田陽子さんも「宇宙葬」予約済み 供養の場広がる「散骨」最前線

    島田陽子さんも「宇宙葬」予約済み 供養の場広がる「散骨」最前線

    AERA

    3/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す