写真・図版 | 散骨のため遺骨を粉末に、下町の粉骨工場を見学した〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

散骨のため遺骨を粉末に、下町の粉骨工場を見学した 1/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
編集部・野村昌二AERA

費用は、手作業は1体2万3千円(骨壺サイズ6~7寸)。粉骨機を使った場合は1体1万5千円(同6寸~)。立ち会いには、立会料1万2千円が必要。作業時間は、手作業の場合は2時間から5時間(撮影/写真部・長谷川唯)

費用は、手作業は1体2万3千円(骨壺サイズ6~7寸)。粉骨機を使った場合は1体1万5千円(同6寸~)。立ち会いには、立会料1万2千円が必要。作業時間は、手作業の場合は2時間から5時間(撮影/写真部・長谷川唯)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加