写真・図版 | 作詞家・売野雅勇インタビュー「80年代のアイドルブームは詞がキャッチコピーになって生まれた」〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

作詞家・売野雅勇インタビュー「80年代のアイドルブームは詞がキャッチコピーになって生まれた」 

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

作詞家売野雅勇うりの・まさお/1951年生まれ。広告会社、コピーライターなどを経て、81年にシャネルズの「星くずのダンス・ホール」で作詞家デビュー。82年に中森明菜の「少女A」が大ヒットし、以降は作曲家・芹澤廣明氏とのコンビでチェッカーズの一連のヒット曲を生み出した(撮影/写真部・長谷川唯)

作詞家売野雅勇
うりの・まさお/1951年生まれ。広告会社、コピーライターなどを経て、81年にシャネルズの「星くずのダンス・ホール」で作詞家デビュー。82年に中森明菜の「少女A」が大ヒットし、以降は作曲家・芹澤廣明氏とのコンビでチェッカーズの一連のヒット曲を生み出した(撮影/写真部・長谷川唯)

[エンタメの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい