写真・図版 | ドクター・中松 出馬し続ける理由となった「遺言」〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ドクター・中松 出馬し続ける理由となった「遺言」 1/2

ドクター・中松発明家・国際創造学者本名・中松義郎(なかまつ・よしろう)。1928年、東京都生まれ。53年、東京大学第一工学部卒業。2005年にイグ・ノーベル賞を受賞したほか、ガンジー平和賞、米国発明議会最高賞など受賞歴は数多い。国際創造学者、工学・法学・医学・理学・人文学博士、世界天才会議議長、国際発明協会会長など多彩な肩書を持つ。最初の発明は5歳のとき。海外の著名な大学で教授を務め、米国には「ドクター・中松デー」を制定している州市もある(撮影/山本倫子)

ドクター・中松
発明家・国際創造学者

本名・中松義郎(なかまつ・よしろう)。1928年、東京都生まれ。53年、東京大学第一工学部卒業。2005年にイグ・ノーベル賞を受賞したほか、ガンジー平和賞、米国発明議会最高賞など受賞歴は数多い。国際創造学者、工学・法学・医学・理学・人文学博士、世界天才会議議長、国際発明協会会長など多彩な肩書を持つ。最初の発明は5歳のとき。海外の著名な大学で教授を務め、米国には「ドクター・中松デー」を制定している州市もある(撮影/山本倫子)

[ニュースの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい