世界と時代を駆け抜けた白洲次郎が撮った1930年代

  • パリ郊外のフォンテーヌブロー宮殿を背景にして立つ、正子と吉田茂。次郎がイギリス留学中、フランスにも長く滞在したことがあるという。夫妻が「二・二六事件」の一報を聞いたのもパリだった。(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」

    パリ郊外のフォンテーヌブロー宮殿を背景にして立つ、正子と吉田茂。次郎がイギリス留学中、フランスにも長く滞在したことがあるという。夫妻が「二・二六事件」の一報を聞いたのもパリだった。(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」

  • パリのリュクサンブール公園のベンチに座る次郎。撮影者はおそらく正子。(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」

    パリのリュクサンブール公園のベンチに座る次郎。撮影者はおそらく正子。(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」

  • 北ドイツ・ロイド汽船の大型客船「ブレーメン」船上で笑顔を見せる正子。1930年代、日本から欧米へと向かう移動手段はほぼ船。航路によっては片道1カ月以上かかることもあり、船上でのスナップ写真も多く残されていた(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」

    北ドイツ・ロイド汽船の大型客船「ブレーメン」船上で笑顔を見せる正子。1930年代、日本から欧米へと向かう移動手段はほぼ船。航路によっては片道1カ月以上かかることもあり、船上でのスナップ写真も多く残されていた(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」

  • 船上のベンチに横たわる正子。(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」

    船上のベンチに横たわる正子。(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」

  • 英国大使館の公用車に乗る正子。和服姿の女性がガソリンスタンド脇に立っている。(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」

    英国大使館の公用車に乗る正子。和服姿の女性がガソリンスタンド脇に立っている。(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」

  • 長い船旅では様々な趣向が凝らされる。船上でおでんを頬張る次郎。(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」

    長い船旅では様々な趣向が凝らされる。船上でおでんを頬張る次郎。(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」

  • 東京ゴルフ倶楽部朝霞コースでたばこを片手に佇む正子。正子は生涯たばこを吸い続けていた。背景はチェコ出身の建築家アントニン・レーモンド設計のクラブハウス。建設から8年後に接収で取り壊されたため、建物自体の貴重な写真でもある(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」

    東京ゴルフ倶楽部朝霞コースでたばこを片手に佇む正子。正子は生涯たばこを吸い続けていた。背景はチェコ出身の建築家アントニン・レーモンド設計のクラブハウス。建設から8年後に接収で取り壊されたため、建物自体の貴重な写真でもある(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」

  • 関連記事

    • 白洲次郎が映した美意識と柔らかなまなざし 妻・正子の未発表写真も

      白洲次郎が映した美意識と柔らかなまなざし 妻・正子の未発表写真も

    • 5月3日は憲法記念日。「従順ならざる唯一の日本人」白洲次郎の涙の意味とは?

      5月3日は憲法記念日。「従順ならざる唯一の日本人」白洲次郎の涙の意味とは?

    • 中瀬ゆかり「魂でもいいからそばに…白洲正子がかつて教えてくれたこと」

      中瀬ゆかり「魂でもいいからそばに…白洲正子がかつて教えてくれたこと」

    記事本文に戻る
パリ郊外のフォンテーヌブロー宮殿を背景にして立つ、正子と吉田茂。次郎がイギリス留学中、フランスにも長く滞在したことがあるという。夫妻が「二・二六事件」の一報を聞いたのもパリだった。(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」
パリのリュクサンブール公園のベンチに座る次郎。撮影者はおそらく正子。(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」
北ドイツ・ロイド汽船の大型客船「ブレーメン」船上で笑顔を見せる正子。1930年代、日本から欧米へと向かう移動手段はほぼ船。航路によっては片道1カ月以上かかることもあり、船上でのスナップ写真も多く残されていた(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」
船上のベンチに横たわる正子。(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」
英国大使館の公用車に乗る正子。和服姿の女性がガソリンスタンド脇に立っている。(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」
長い船旅では様々な趣向が凝らされる。船上でおでんを頬張る次郎。(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」
東京ゴルフ倶楽部朝霞コースでたばこを片手に佇む正子。正子は生涯たばこを吸い続けていた。背景はチェコ出身の建築家アントニン・レーモンド設計のクラブハウス。建設から8年後に接収で取り壊されたため、建物自体の貴重な写真でもある(写真提供:旧白洲邸 武相荘)「写真の無断転載・引用を禁じます」
関連記事を見る

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す