昭和の雰囲気が色濃く残る山あいの集落を巡り写した女優・夏目響

 写真家・藤里一郎さんが旅した場所は岐阜の山あいの集落。そこで女優・夏目響さんを写した。「あまり、人の気配がしない、というか、夏目さん以外の気配がしない。そういうところを探した」。気に入った場所を見つけると、車を停め、「このへん、ちょっと歩いてみようか、みたいな感じで写した。その連続というか、積み重ね」。そんな藤里さんの作品を紹介します。

【関連記事】
写真家・藤里一郎がデビュー25周年を記念して写した女優・夏目響の「気配、におい、温度」

あわせて読みたい

  • 写真家・藤里一郎がデビュー25周年を記念して写した女優・夏目響の「気配、におい、温度」

    写真家・藤里一郎がデビュー25周年を記念して写した女優・夏目響の「気配、におい、温度」

    dot.

    10/24

    昭和映画館の香りを藤里一郎が写真集に

    昭和映画館の香りを藤里一郎が写真集に

    アサヒカメラ

    5/26

  • 昭和の香り 宿場町に息づく「横丁」の魅力

    昭和の香り 宿場町に息づく「横丁」の魅力

    週刊朝日

    2/14

    女優と写真家の“切なる距離感” 写真展「キョリ。 藤里一郎×有村架純」

    女優と写真家の“切なる距離感” 写真展「キョリ。 藤里一郎×有村架純」

    アサヒカメラ

    9/27

  • 太宰治の忌日にあたる「桜桃忌」  ゆかりの地で、その生涯をたどる

    太宰治の忌日にあたる「桜桃忌」  ゆかりの地で、その生涯をたどる

    tenki.jp

    6/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す