薄れゆく遠い日の記憶のような淡い光に照らされた日常の風景|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

薄れゆく遠い日の記憶のような淡い光に照らされた日常の風景

 窓ガラスに滲んだように丸くぼんやりと広がる青い光。その奥に見える車のテールランプ。壁にはめ込まれたタイルの表面のぬるりとした光。濡れた夜の路面を彩る赤や紫の光。象が描かれた塀を照らすおぼろげな光。写真家・熊谷聖司さんが写しとった、薄れゆく遠い日の記憶のような名もない風景を紹介します。

【関連記事】
写真家・熊谷聖司が撮る、誰かの記憶の断片を見るようなノスタルジックな光


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい