【写真特集】100年前の若者たちの建築運動|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【写真特集】100年前の若者たちの建築運動

このエントリーをはてなブックマークに追加

大正時代、日本の建築界に彗星のごとく現れた、若き建築家の一群があった。1920年、東京帝国大学建築学科の卒業を控えた若者たちによる「分離派建築会」。今も残る彼らの貴重な作品を軸に、その活動を振り返る。

【関連記事】
分離派建築会 御茶ノ水の聖橋も 「建築は芸術だ」100年前の若者たちの建築運動を辿る

AERA 2020年12月14日号


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい