【写真特集】100年前の若者たちの建築運動

大正時代、日本の建築界に彗星のごとく現れた、若き建築家の一群があった。1920年、東京帝国大学建築学科の卒業を控えた若者たちによる「分離派建築会」。今も残る彼らの貴重な作品を軸に、その活動を振り返る。

【関連記事】
分離派建築会 御茶ノ水の聖橋も 「建築は芸術だ」100年前の若者たちの建築運動を辿る

AERA 2020年12月14日号

あわせて読みたい

  • 分離派建築会 御茶ノ水の聖橋も 「建築は芸術だ」100年前の若者たちの建築運動を辿る

    分離派建築会 御茶ノ水の聖橋も 「建築は芸術だ」100年前の若者たちの建築運動を辿る

    AERA

    12/13

    お正月の風物詩、箱根駅伝の注目スポット【山編】

    お正月の風物詩、箱根駅伝の注目スポット【山編】

    tenki.jp

    1/1

  • お正月の風物詩、箱根駅伝の注目スポット【ロード編】

    お正月の風物詩、箱根駅伝の注目スポット【ロード編】

    tenki.jp

    12/31

    1年4カ月で建設された“絶景の秘境路線” JR只見線、10年越しの復旧へ

    1年4カ月で建設された“絶景の秘境路線” JR只見線、10年越しの復旧へ

    dot.

    6/27

  • 世界遺産になった国立西洋美術館 「8つ」の見どころとは?

    世界遺産になった国立西洋美術館 「8つ」の見どころとは?

    BOOKSTAND

    9/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す