【アエラが独自分析】後悔しない「コロナ移住先」ランキング

 コロナ禍が生んだ数少ないプラス面。それは通勤せず家で働くテレワークの普及だ。結果、多くの人が都会を脱出し始めた。では、どこに住めばよいのか。コロナ時代の移住先ランキングが、これだ。

【関連記事】
リモートワーク普及で「脱都心」移住希望者が増加 人気エリアの共通点は「自然豊か」「リゾート地」

AERA 2020年8月10日-17日合併号

あわせて読みたい

  • コロナ時代の移住先ランキング中国四国1位は「徳島で一番小さな街」 九州の上位は沖縄が席巻

    コロナ時代の移住先ランキング中国四国1位は「徳島で一番小さな街」 九州の上位は沖縄が席巻

    AERA

    8/15

    コロナ時代の移住先ランキング関東1位は「群馬県で3番目に小さい町」 東北は同率で2市

    コロナ時代の移住先ランキング関東1位は「群馬県で3番目に小さい町」 東北は同率で2市

    AERA

    8/13

  • 【アンケート・コロナと県民性】独自の対策や県民性をうかがわせる取り組み

    【アンケート・コロナと県民性】独自の対策や県民性をうかがわせる取り組み

    8/21

    【全国版】移住したい自治体ランキング177

    【全国版】移住したい自治体ランキング177

    8/12

  • 【アンケート】大学はコロナ禍就活をこうみている

    【アンケート】大学はコロナ禍就活をこうみている

    6/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す