【写真特集】「座席鉄」が解説 581・583系寝台電車の全設備|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【写真特集】「座席鉄」が解説 581・583系寝台電車の全設備

このエントリーをはてなブックマークに追加

 鉄道に乗車した際に、最も触れる時間が長く、見ることが多い風景は「座席から見た風景」だ。座席の善し悪しやインテリアは旅の楽しさに直結するし、「その車両が製造された時代の風景を想像できるタイムマシン」だと思う。

 そんな「座席鉄」の筆者がさまざまな電車の座席を紹介する「日本鉄道座席史」。今回は「581・583系寝台電車」の各種座席・寝台を取り上げる。2019年現在は寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」以外の定期列車が消滅した形の「寝台列車」。だが、「座席鉄」として、もっとも興味深い鉄道車両はやはり寝台車である。
 寝台車に乗車するということは、必然的に「列車内で一晩を過ごす」ということであり、接客設備に長時間接することができるからだ。

【関連記事】
昼夜で異なる接客設備 日本が誇る寝台電車「583系」の寝心地は?

写真・文/安藤昌季


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい