平昌五輪特集

AERA dot.

東京地下3メートルで伝統野菜の東京うどを栽培

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京都立川市の地下で、怪しげな姿(?)をした植物が生育している。実はここ、れっきとした「畑」!伝統野菜の東京うどを栽培しているのだ。地産地消が叫ばれる今、長年にわたって地域で愛されてきた野菜への注目が高まっている。

【関連記事】
世界のUDOに!? 東京の地下で作られるウドに注目

写真=植田真紗美/岸本 絢(写真部) 取材・文=菊地武顕(本誌)

週刊朝日 2018年2月2日号