辻仁成さんが息子に贈る、愛情が詰まった卵料理|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

辻仁成さんが息子に贈る、愛情が詰まった卵料理

このエントリーをはてなブックマークに追加

 小説家で、ミュージシャンで、映画監督で、そしてシングルファーザー。キッチン横のテーブルで書いた初めての料理小説『エッグマン』には、不器用な男が作る、さまざまな卵料理が登場する。今回は、その一部をフォトギャラリーで紹介する。

【関連記事】
辻仁成が息子に作る「ホワイトオムライス」 その裏の“魂胆”は…

写真=三村健二
取材=ライター・松田亜子

AERA 2017年12月11日号