辻仁成さんが息子に贈る、愛情が詰まった卵料理

 小説家で、ミュージシャンで、映画監督で、そしてシングルファーザー。キッチン横のテーブルで書いた初めての料理小説『エッグマン』には、不器用な男が作る、さまざまな卵料理が登場する。今回は、その一部をフォトギャラリーで紹介する。

【関連記事】
辻仁成が息子に作る「ホワイトオムライス」 その裏の“魂胆”は…

写真=三村健二
取材=ライター・松田亜子

AERA 2017年12月11日号

あわせて読みたい

  • 辻仁成が息子に作る「ホワイトオムライス」 その裏の“魂胆”は…

    辻仁成が息子に作る「ホワイトオムライス」 その裏の“魂胆”は…

    AERA

    12/10

    おいしいゆで卵のコツも披露! 辻仁成が明かす卵料理を小説の題材に選んだ理由

    おいしいゆで卵のコツも披露! 辻仁成が明かす卵料理を小説の題材に選んだ理由

    dot.

    12/10

  • お三どんに疲れたら、パパッと簡単ご飯でもいいんじゃない?その2.

    お三どんに疲れたら、パパッと簡単ご飯でもいいんじゃない?その2.

    tenki.jp

    8/13

    イヤイヤ期の娘が卵割りに挑戦! その卵で作ったオムレツのお味は?
    筆者の顔写真

    武田昌美

    イヤイヤ期の娘が卵割りに挑戦! その卵で作ったオムレツのお味は?

    AERA

    8/24

  • インフルエンザ抗体で話題のダチョウのたまご。あの有名な巨大カステラも!?

    インフルエンザ抗体で話題のダチョウのたまご。あの有名な巨大カステラも!?

    tenki.jp

    1/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す