辻仁成が息子に作る「ホワイトオムライス」 その裏の“魂胆”は… (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

辻仁成が息子に作る「ホワイトオムライス」 その裏の“魂胆”は…

このエントリーをはてなブックマークに追加
松田亜子AERA#グルメ#朝日新聞出版の本

誰もが好きな卵料理3種を詰め込んだ「TKG ホワイトオムライス」。息子と行ったモンサンミッシェルの有名なオムレツに“対抗して”考案。「卵×卵でできた、卵のいいとこ取りオムレツ!」(辻さん)(撮影/三村健二)

誰もが好きな卵料理3種を詰め込んだ「TKG ホワイトオムライス」。息子と行ったモンサンミッシェルの有名なオムレツに“対抗して”考案。「卵×卵でできた、卵のいいとこ取りオムレツ!」(辻さん)(撮影/三村健二)

エッグマン

辻仁成著

978-4022514936

amazonamazon.co.jp

 小説家で、ミュージシャンで、映画監督で、そしてシングルファーザー。辻仁成さんがキッチン横のテーブルで書いた初めての料理小説『エッグマン』には、不器用な男が作る、さまざまな卵料理が登場する。自身も息子の「うまい」に支えられる。

【フォトギャラリー】辻仁成さんが息子に贈る、愛情が詰まった卵料理はこちら

 卵白を慣れた手つきで攪拌(かくはん)すると、ふわっふわになった。それをフライパンでさっと焼く。辻家のオムライス、ご飯を包む卵は白身だけでできている。

「卵白が焼けたら、フライパンからスライドさせるようにボウルに移す。クレープパンがあるときれいにできるんですよ」

 元料理人の不器用な男を中心に描く初めての料理小説『エッグマン』では、このホワイトオムライスが、ある少女の心を溶かす。人々は卵料理に癒やされ、誰かを許していく。

「人をつなぐのが愛や友情だとすれば、料理ではその役割は卵。ハンバーグみたいに卵は“つなぐ”役。だから卵料理をテーマにしようと思って。うちの息子、卵が嫌いなんですが、このオムライスだけは食べるんですよ」

 パリで、バレー部のキャプテンを務める13歳の息子と2人暮らし。朝と夜は必ず食事を作る。時短調理はほとんどしない。

「離婚で寂しい思いをさせたから、料理くらいはしっかり作ってあげたくて。手塩にかけて作ることが僕なりの愛情表現。ご飯が炊ける匂い、材料を切る音、そういうこと全てを食事の前座として彼に届けたいんです」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい