辻仁成が息子に作る「ホワイトオムライス」 その裏の“魂胆”は…

グルメ

2017/12/10 16:00

 小説家で、ミュージシャンで、映画監督で、そしてシングルファーザー。辻仁成さんがキッチン横のテーブルで書いた初めての料理小説『エッグマン』には、不器用な男が作る、さまざまな卵料理が登場する。自身も息子の「うまい」に支えられる。

あわせて読みたい

  • おいしいゆで卵のコツも披露! 辻仁成が明かす卵料理を小説の題材に選んだ理由

    おいしいゆで卵のコツも披露! 辻仁成が明かす卵料理を小説の題材に選んだ理由

    dot.

    12/10

    辻仁成さんが息子に贈る、愛情が詰まった卵料理

    辻仁成さんが息子に贈る、愛情が詰まった卵料理

    12/10

  • 女性ばかりがたたかれる日本の不倫…辻仁成「あれは何だろう?」

    女性ばかりがたたかれる日本の不倫…辻仁成「あれは何だろう?」

    週刊朝日

    11/20

    「愛してる」より「ごはんだよ」 辻仁成流の愛情表現

    「愛してる」より「ごはんだよ」 辻仁成流の愛情表現

    dot.

    12/1

  • 「僕は正直言って帰りたいんです」パリ在住の辻仁成、本音がポロリ?

    「僕は正直言って帰りたいんです」パリ在住の辻仁成、本音がポロリ?

    週刊朝日

    11/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す