日本人中学生が見た フィリピンの子どもたちのいま

 NPO法人「国境なき子どもたち(KnK)」は毎年、日本の子どもを「友情のレポーター」として世界に派遣。現地の子どもたちを取材し、どんな現実もありのままに伝えている。

 今年の夏休み、中学3年生の山邊鈴さんと中学1年生の柳田峰雄くん(※柳は正確には旧字体)が「友情のレポーター」としてフィリピンを訪ねた。

2人が今回取材を通して知ったこととは?

【関連記事】
日本人中学生が見たフィリピンの子どもたち 鑑別所にストリートチルドレン…直面した現実とは?

撮影/清水匡

あわせて読みたい

  • シリア難民の子どもたちの教育

    シリア難民の子どもたちの教育

    5/4

    日本人中学生が見たフィリピンの子どもたち 鑑別所にストリートチルドレン…直面した現実とは?

    日本人中学生が見たフィリピンの子どもたち 鑑別所にストリートチルドレン…直面した現実とは?

    dot.

    12/2

  • 知られざる「世界の武術」

    知られざる「世界の武術」

    3/11

    「お母さんが幸せならそれでいい」ストリートチルドレンの言葉に日本の中高生は何を思う

    「お母さんが幸せならそれでいい」ストリートチルドレンの言葉に日本の中高生は何を思う

    AERA

    10/13

  • 世界の子ども約10人に1人、児童労働者数が増加 月収5千円「最低賃金の半分」の子も

    世界の子ども約10人に1人、児童労働者数が増加 月収5千円「最低賃金の半分」の子も

    AERA

    9/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す