電気で走るクルマたち 東京モーターショーを楽しむ(3)

  • 三菱自動車の「i-MeEV」は電気自動車では古参の1台

    三菱自動車の「i-MeEV」は電気自動車では古参の1台

  • 三菱自動車のアウトランダー プラグインハイブリッド(PHEV)

    三菱自動車のアウトランダー プラグインハイブリッド(PHEV)

  • アウトランダーの充電口。普通充電と急速充電の2つが並ぶ

    アウトランダーの充電口。普通充電と急速充電の2つが並ぶ

  • アウトランダーの運転席にはAC100Vと書かれたボタンが。これで車に充電された電力を家庭用の電気機器にも利用できる

    アウトランダーの運転席にはAC100Vと書かれたボタンが。これで車に充電された電力を家庭用の電気機器にも利用できる

  • ホンダ アコード・プラグイン・ハイブリッド

    ホンダ アコード・プラグイン・ハイブリッド

  • アコード・プラグイン・ハイブリッドの充電口とガソリンの給油口を開くためのボタン

    アコード・プラグイン・ハイブリッドの充電口とガソリンの給油口を開くためのボタン

  • アコード・プラグイン・ハイブリッドの充電口はなんと前方にある

    アコード・プラグイン・ハイブリッドの充電口はなんと前方にある

  • メルセデス・ベンツ「smart BRABUS electric drive」。こちらは電気自動車

    メルセデス・ベンツ「smart BRABUS electric drive」。こちらは電気自動車

  • 充電口はこんな感じ。

    充電口はこんな感じ。

  • フォルクス・ワーゲンのEV「e-up!」は2014年に市販予定

    フォルクス・ワーゲンのEV「e-up!」は2014年に市販予定

  • 白が基調で明るい内装

    白が基調で明るい内装

  • 「e-up!」の後ろ姿

    「e-up!」の後ろ姿

  • 充電口は急速充電対応

    充電口は急速充電対応

  • アウディ「「A3 スポーツバック e-tron」」奥にあるのはル・マン24時間レースで優勝した「R18 e-tron quattro」

    アウディ「「A3 スポーツバック e-tron」」奥にあるのはル・マン24時間レースで優勝した「R18 e-tron quattro」

  • 「A3 スポーツバック e-tron」の充電口はなんとフロントのエンブレムの中にある

    「A3 スポーツバック e-tron」の充電口はなんとフロントのエンブレムの中にある

  • 充電口をアップで

    充電口をアップで

  • 米国のEVメーカー、テスラモーターズの「モデルS」

    米国のEVメーカー、テスラモーターズの「モデルS」

  • 7名乗車が可能。最後部の2人席は後ろ向けに着座する

    7名乗車が可能。最後部の2人席は後ろ向けに着座する

  • 運転席。ディスプレイが大きい!

    運転席。ディスプレイが大きい!

  • 充電口は左後方の反射板の中に隠されている。

    充電口は左後方の反射板の中に隠されている。

  • 充電口のアップ

    充電口のアップ

  • DURAX(デュラックス・日)の「D-Face」。

    DURAX(デュラックス・日)の「D-Face」。

  • DURAX(デュラックス・日)の「D-Face」。乗り降りはフロントから。

    DURAX(デュラックス・日)の「D-Face」。乗り降りはフロントから。

  • テラモーターズ(日)が出品した電動スクーター「A4000i」と電動三輪車。「A4000i」は操作パネルにiPhoneを組み込めば電池残量などがわかる。

    テラモーターズ(日)が出品した電動スクーター「A4000i」と電動三輪車。「A4000i」は操作パネルにiPhoneを組み込めば電池残量などがわかる。

  • 株式会社プロッツァ(日)の電動三輪車。フィリピンで製造販売されており、現地では三輪タクシーとして活躍している。

    株式会社プロッツァ(日)の電動三輪車。フィリピンで製造販売されており、現地では三輪タクシーとして活躍している。

  • 関連記事

    • 国内から三菱消滅か…官邸も巻き込む? 日産・ゴーンのしたたかさ

      国内から三菱消滅か…官邸も巻き込む? 日産・ゴーンのしたたかさ

    • 電気自動車が正念場 高価格と充電設備不足が足かせに

      電気自動車が正念場 高価格と充電設備不足が足かせに

    • 家族で自動車展示会?東京モーターショーを楽しむ

      家族で自動車展示会?東京モーターショーを楽しむ

    写真の記事を読む
三菱自動車の「i-MeEV」は電気自動車では古参の1台
三菱自動車のアウトランダー プラグインハイブリッド(PHEV)
アウトランダーの充電口。普通充電と急速充電の2つが並ぶ
アウトランダーの運転席にはAC100Vと書かれたボタンが。これで車に充電された電力を家庭用の電気機器にも利用できる
ホンダ アコード・プラグイン・ハイブリッド
アコード・プラグイン・ハイブリッドの充電口とガソリンの給油口を開くためのボタン
アコード・プラグイン・ハイブリッドの充電口はなんと前方にある
メルセデス・ベンツ「smart BRABUS electric drive」。こちらは電気自動車
充電口はこんな感じ。
フォルクス・ワーゲンのEV「e-up!」は2014年に市販予定
白が基調で明るい内装
「e-up!」の後ろ姿
充電口は急速充電対応
アウディ「「A3 スポーツバック e-tron」」奥にあるのはル・マン24時間レースで優勝した「R18 e-tron quattro」
「A3 スポーツバック e-tron」の充電口はなんとフロントのエンブレムの中にある
充電口をアップで
米国のEVメーカー、テスラモーターズの「モデルS」
7名乗車が可能。最後部の2人席は後ろ向けに着座する
運転席。ディスプレイが大きい!
充電口は左後方の反射板の中に隠されている。
充電口のアップ
DURAX(デュラックス・日)の「D-Face」。
DURAX(デュラックス・日)の「D-Face」。乗り降りはフロントから。
テラモーターズ(日)が出品した電動スクーター「A4000i」と電動三輪車。「A4000i」は操作パネルにiPhoneを組み込めば電池残量などがわかる。
株式会社プロッツァ(日)の電動三輪車。フィリピンで製造販売されており、現地では三輪タクシーとして活躍している。
関連記事を見る

あわせて読みたい

  • 三菱自不正直撃で悲痛の倉敷市 次は「ゴーン・ショック」を恐れている

    三菱自不正直撃で悲痛の倉敷市 次は「ゴーン・ショック」を恐れている

    週刊朝日

    5/20

    日産がトヨタを食う!? プリウス販売台数も上回る「eパワー」

    日産がトヨタを食う!? プリウス販売台数も上回る「eパワー」

    週刊朝日

    5/16

  • 続々と参入する欧州の電気自動車 日本市場を動かす?

    続々と参入する欧州の電気自動車 日本市場を動かす?

    AERA

    11/24

    電気“低速車”がバスなし地方を救う

    電気“低速車”がバスなし地方を救う

    AERA

    3/1

  • 「車は販売後に利益作り出す時代に」浜銀総研・深尾三四郎氏インタビュー

    「車は販売後に利益作り出す時代に」浜銀総研・深尾三四郎氏インタビュー

    AERA

    3/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す