フォトギャラリー - 写真・図版 | 週刊朝日「Art de Vivre 美意識ある生活」|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週刊朝日「Art de Vivre 美意識ある生活」


一保堂オリジナル 片くち抹茶Q’s
片くち抹茶Q’s(まっちゃきゅうす 一保堂和ふきんと栞付き)
1万2000円
抹茶篩(まっちゃぶるい 市原平兵衞製竹べら付き)
1200円(どちらも税別)
問い合わせ先:一保堂茶舗
 朝飯前に一仕事するのが習慣。身支度をする間にお湯を沸かし、一保堂オリジナルの片くち抹茶Q’sを用意。約200cc分の抹茶を点(た)てられるので、目覚めの一杯に適量なのだ。行儀は悪いが、仕事机でお薄を点てる。早朝の静けさの中で茶筌(ちゃせん)の音を聞くと、清々しい気持ちで一日のスタートを切れるからだ。
 この抹茶専用の器、一つひとつ職人の手仕事でつくられたものだが、使ってみると「なるほど!」と膝を打つ工夫が施されている。たっぷりの量が点てやすいように深めのつくり。縁から2センチほどのところに窪みがあり、注ぐときに持ちやすく、また湯量の目安になる。注ぎ口は広めで、とろみのある抹茶をカップに注ぎ分けやすい。
 私にとって抹茶は普段使いのお茶。茶葉をそのまま石臼で挽いているから、緑茶の成分を丸ごと取り入れられるし、ふくよかなうまみをより味わえる。おまけに、茶殻が出ないので後片付けも簡単。気軽に楽しみたい。

一保堂オリジナル 片くち抹茶Q’s
片くち抹茶Q’s(まっちゃきゅうす 一保堂和ふきんと栞付き)
1万2000円
抹茶篩(まっちゃぶるい 市原平兵衞製竹べら付き)
1200円(どちらも税別)
問い合わせ先:一保堂茶舗  朝飯前に一仕事するのが習慣。身支度をする間にお湯を沸かし、一保堂オリジナルの片くち抹茶Q’sを用意。約200cc分の抹茶を点(た)てられるので、目覚めの一杯に適量なのだ。行儀は悪いが、仕事机でお薄を点てる。早朝の静けさの中で茶筌(ちゃせん)の音を聞くと、清々しい気持ちで一日のスタートを切れるからだ。  この抹茶専用の器、一つひとつ職人の手仕事でつくられたものだが、使ってみると「なるほど!」と膝を打つ工夫が施されている。たっぷりの量が点てやすいように深めのつくり。縁から2センチほどのところに窪みがあり、注ぐときに持ちやすく、また湯量の目安になる。注ぎ口は広めで、とろみのある抹茶をカップに注ぎ分けやすい。  私にとって抹茶は普段使いのお茶。茶葉をそのまま石臼で挽いているから、緑茶の成分を丸ごと取り入れられるし、ふくよかなうまみをより味わえる。おまけに、茶殻が出ないので後片付けも簡単。気軽に楽しみたい。



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

html":$uri}@@@
あわせて読みたい あわせて読みたい