フォトギャラリー - 写真・図版 | 週刊朝日「Art de Vivre 美意識ある生活」|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週刊朝日「Art de Vivre 美意識ある生活」


デンツの革の手袋
●レディース
ペッカリー(コルク/ターコイズ) 5万4000円
ヘアシープ(コニャック/ブラウン) 2万5000円
●メンズ
ペッカリー(ダークブラウン ライニングなし) 4万9000円(すべて税別)
問い合わせ先:リーミルズ エージェンシー
 使い込んでみないと、本当の良さが見極められないものがある。その一つが革の手袋。暖かさ重視だと、革が厚くなるため指の動きが今ひとつ。指先を使う作業のたびに手袋を脱ぐはめになって面倒だ。かといって、フィット感第一で選ぶと防寒面で満足できなかったりする。また、皮革の特性上、手になじむのに時間が必要だから、試着だけでは判断がつきにくいのも難点。
 暖かさとフィット感を兼ね備え、「選んで良かった!」と毎年ほくそ笑むのが、18世紀に英国で創業した老舗、デンツの手袋だ。私たち夫婦は南米の野生の猪豚の皮革、ペッカリーを愛用。厚みがあるのに柔らかで、見事なカッティングと革の個性に合わせて削り整えるシェービング、指の動きを自在にする手縫いが相まって、バッグのファスナーの開閉など細かい作業も楽々。エレガントさを求めるなら、肌に吸い付くように滑らかなヘアシープ(砂漠地帯に生息する羊の皮革)もおすすめ。
※デンツの手袋を楽天で購入する

デンツの革の手袋
●レディース
ペッカリー(コルク/ターコイズ) 5万4000円
ヘアシープ(コニャック/ブラウン) 2万5000円
●メンズ
ペッカリー(ダークブラウン ライニングなし) 4万9000円(すべて税別)
問い合わせ先:リーミルズ エージェンシー  使い込んでみないと、本当の良さが見極められないものがある。その一つが革の手袋。暖かさ重視だと、革が厚くなるため指の動きが今ひとつ。指先を使う作業のたびに手袋を脱ぐはめになって面倒だ。かといって、フィット感第一で選ぶと防寒面で満足できなかったりする。また、皮革の特性上、手になじむのに時間が必要だから、試着だけでは判断がつきにくいのも難点。  暖かさとフィット感を兼ね備え、「選んで良かった!」と毎年ほくそ笑むのが、18世紀に英国で創業した老舗、デンツの手袋だ。私たち夫婦は南米の野生の猪豚の皮革、ペッカリーを愛用。厚みがあるのに柔らかで、見事なカッティングと革の個性に合わせて削り整えるシェービング、指の動きを自在にする手縫いが相まって、バッグのファスナーの開閉など細かい作業も楽々。エレガントさを求めるなら、肌に吸い付くように滑らかなヘアシープ(砂漠地帯に生息する羊の皮革)もおすすめ。 ※デンツの手袋を楽天で購入する



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

html":$uri}@@@
あわせて読みたい あわせて読みたい