「近視」に関する記事一覧

バイリンガルをめざすなら5、6歳。スマホアイに将来の選択肢を奪われないことが肝心だ
バイリンガルをめざすなら5、6歳。スマホアイに将来の選択肢を奪われないことが肝心だ

小さい時にいろんなおもちゃで遊ぶことは、情報処理能力や運動能力の発達に影響するという。スマホばかりに頼らない日常の大切さを説く眼科医・松岡俊行さんの著書「スマホアイ」(アスコム)から報告する。

dot.
レーシックよりも安心と希望者増の視力回復手術「ICL」とは? 医師「後からレンズを取り出せるのが利点」
レーシックよりも安心と希望者増の視力回復手術「ICL」とは? 医師「後からレンズを取り出せるのが利点」
視力が悪い人でも裸眼で見えるようになる「視力回復手術」。レーシックが主流だったが、近年は眼内コンタクトレンズ(ICL)の手術を受ける人が増加している。対象となる人や手術方法、合併症はどのように異なるのか。専門医を取材した。
ICL病気病院近視
dot. 12/16
子どもの近視がコロナで増加 対策は? 医師が警鐘「進行すると将来的に目の病気のリスク高く」
子どもの近視がコロナで増加 対策は? 医師が警鐘「進行すると将来的に目の病気のリスク高く」
世界的に増加の一途をたどっている近視。子どもの近視も急増している。子どもの近視は将来、目の病気にかかるリスクを高めることなどから、近視の進行を抑制する対策について、世界中で研究が進んでいる。
子どもの近視病気近視
dot. 12/2
この話題を考える
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
1
カテゴリから探す
ニュース
東京都ドクターヘリ「異常なキャンセル率」の真実 都担当者が反論「人命を切り捨てていいわけがない」
東京都ドクターヘリ「異常なキャンセル率」の真実 都担当者が反論「人命を切り捨てていいわけがない」
ドクターヘリ
dot. 1時間前
教育
子どもがSNSトラブル被害者・加害者にならないために 「スマホ以外の楽しみを持って」
子どもがSNSトラブル被害者・加害者にならないために 「スマホ以外の楽しみを持って」
AERA 1時間前
エンタメ
【ゲッターズ飯田】7月の開運のつぶやき「『はじめて』は、人生のなかでいちばんおもしろいことのひとつ」銀の時計座
【ゲッターズ飯田】7月の開運のつぶやき「『はじめて』は、人生のなかでいちばんおもしろいことのひとつ」銀の時計座
ゲッターズ飯田
dot. 1時間前
スポーツ
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉次のWBCはヌートバーや吉田正尚も「落選」危機? メジャーの首位打者争いを繰り広げる日系人選手たち
〈先週に読まれた記事ピックアップ〉次のWBCはヌートバーや吉田正尚も「落選」危機? メジャーの首位打者争いを繰り広げる日系人選手たち
WBC
dot. 3時間前
ヘルス
パリ五輪の選手村でもコンドーム配布 性的健康キャンペーンの意義とは? 山本佳奈医師
パリ五輪の選手村でもコンドーム配布 性的健康キャンペーンの意義とは? 山本佳奈医師
パリオリンピック
dot. 7/24
ビジネス
〈7月24日は土用の丑の日〉なぜガス会社がウナギを育てるのか? 新規事業で養殖事業に乗り出す理由 
〈7月24日は土用の丑の日〉なぜガス会社がウナギを育てるのか? 新規事業で養殖事業に乗り出す理由 
ウナギ
dot. 7/24