「発酵」に関する記事一覧

混ぜるだけ!の「腸活」スープをスープジャーで作る 神楽坂発酵美人堂店主の手間いらずレシピ
混ぜるだけ!の「腸活」スープをスープジャーで作る 神楽坂発酵美人堂店主の手間いらずレシピ

例年にも増して、気温のアップダウンが激しいこの冬。気象庁が2月9日に発表した2月11日から3月10日までの1カ月予報によると、2月の終わりから3月上旬にかけても、平年よりも気温が低くなりそうだ。

dot.
万能調味料「醤」とは? 「神楽坂発酵美人堂」店主が勧める秋の定番発酵レシピ
万能調味料「醤」とは? 「神楽坂発酵美人堂」店主が勧める秋の定番発酵レシピ
「発酵調味料を自分で作る丁寧な暮らし」。なんだかとてもハードルが高そう。でも、実は「混ぜるだけでできる」「時短になる」「おいしいうえにキレイになれる」としたらどうだろう。第一子の妊娠をきっかけに発酵食品と出合い、その魅力に目覚めたと話すのは、清水紫織さん。7年前に発酵料理教室「神楽坂発酵美人堂」を開いて店主となり、今なお、発酵食品のおいしさや便利さ、面白さに感心する日々だ。
発酵
dot. 10/7
発酵スープは最強の腸活!「手間」いらず「だし」いらずなのに体が整う
発酵スープは最強の腸活!「手間」いらず「だし」いらずなのに体が整う
だんだんと、温かいものが恋しくなる季節。発酵料理教室「神楽坂発酵美人堂」の店主を務める清水紫織さんが、酷暑の疲れを体の中から癒してくれる「発酵スープ」を提案してくれた。基本の発酵調味料さえあれば、材料も工程も少なく、だしもいらない。それでいて、腸内環境が改善され体を整えてくれる神レシピだ。
発酵
dot. 9/20
この話題を考える
AERA創刊2000号 時代を歩く

AERA創刊2000号 時代を歩く

AERAは今年創刊35周年、11月20日号で通巻2000号を迎えました。 さまざまなニュースから社会を読み解き、AERAは時代と共に歩んできました。 2023年のいま、私たちは未来をどう歩くのか。一緒に考えてみませんか?

東京が進化する <再開発ルポ>

東京が進化する <再開発ルポ>

虎ノ門・麻布台・渋谷・日本橋、下北沢――。 いま、東京は「100年に一度」と言われる再開発ラッシュだ。 成熟期にある国際都市として、首都・東京はどう変貌を遂げるのか。 模索されているのは、”個性”を生かした街づくりだ。

東京再開発
昭和レトロが心地よい

昭和レトロが心地よい

クリームソーダにナポリタン、ファミコンにダイヤル式の電話、アナログレコード…。 昭和のカルチャーが、いま、若い世代に人気です。なぜ人は昭和レトロに惹かれるのか。 懐かしくて新しい世界を、もう一度覗いてみませんか?

レトロ
性犯罪を許さない

性犯罪を許さない

性犯罪はあってはならない。なぜ、声をあげた人が責められ、被害者が自責の念にかられ、人が口をつぐむ、といったことが起こるのか。私たちの社会には、考えを深め改善すべきことが多くある。さまざまな視点から取材した。

性犯罪
1
カテゴリから探す
ニュース
〈22歳・成長の歩み〉愛子さまの休日 カツ丼とお団子をペロリ 高円宮家の絢子様とバッタリ鉢合わせ
〈22歳・成長の歩み〉愛子さまの休日 カツ丼とお団子をペロリ 高円宮家の絢子様とバッタリ鉢合わせ
皇室
週刊朝日 1時間前
教育
新NISA「現役銀行員がセールストークの裏暴露」ノルマはコレ、実入りはこう【窓口に注意】
新NISA「現役銀行員がセールストークの裏暴露」ノルマはコレ、実入りはこう【窓口に注意】
NISA
AERA 2時間前
エンタメ
「小島よしお」消える一発芸人と誰もが思って15年以上生き残れた深いワケ
「小島よしお」消える一発芸人と誰もが思って15年以上生き残れた深いワケ
小島よしお
dot. 1時間前
スポーツ
巨人、中日は“想定外”多かった?  今季「コスパ良かった5人&悪かった5人」【セ・リーグ編】
巨人、中日は“想定外”多かった? 今季「コスパ良かった5人&悪かった5人」【セ・リーグ編】
プロ野球
dot. 19時間前
ヘルス
X JAPANのHEATHも急逝、男性10人・女性12人に1人が罹患 大腸がんで死なないためにやるべきこと
X JAPANのHEATHも急逝、男性10人・女性12人に1人が罹患 大腸がんで死なないためにやるべきこと
AERA 6時間前
ビジネス
「ヤバい日本救うために、世界に出てマクドナルドを見ろ」世界を飛び回る投資家が断言する理由
「ヤバい日本救うために、世界に出てマクドナルドを見ろ」世界を飛び回る投資家が断言する理由
朝日新聞出版の本
dot. 11/29