「ポール・マッカートニー」に関する記事一覧

ポール・マッカートニー 来日時の格好が気を抜きすぎだった?
ポール・マッカートニー 来日時の格好が気を抜きすぎだった?

体調不良で国立競技場などで行われる予定の全公演を中止した、ポール・マッカートニー。ファッションデザイナーのドン小西氏が、この“カリスマ”のファッションチェックをした。

週刊朝日
ポール・マッカートニー、ジャパンツアー後に予定していた初の韓国公演も中止に
ポール・マッカートニー、ジャパンツアー後に予定していた初の韓国公演も中止に
今回の来日公演が健康上の理由で全日程中止となったポール・マッカートニーだが、28日に開催予定だった初の韓国公演も中止することを発表した。
ポール・マッカートニー
billboardnews 5/21
秘書フリーダが明かしたビートルズ誕生から終焉までの11年
秘書フリーダが明かしたビートルズ誕生から終焉までの11年
12月7日から映画「愛しのフリーダ」が公開される。主人公はビートルズを世界一のバンドに導いた敏腕マネジャー、ブライアン・エプスタインをサポートした、ビートルズの秘書で、ファンクラブを運営した女性、フリーダ・ケリーだ。1961年に秘書になった彼女は、ビートルズが事実上の解散をした70年以降も働き、バンドの終焉を見守って72年に退職した。そんな彼女にライターの和田靜香氏が、ビートルズとの秘話を聞いた。
ポール・マッカートニー
週刊朝日 12/2
ポール・マッカートニー旋風 再び、ビートルズ・ブームが巻き起こる
ポール・マッカートニー旋風 再び、ビートルズ・ブームが巻き起こる
解散からすでに40年以上経ったにもかかわらず、再び、ビートルズ・ブームが巻き起こっている。中でも話題なのは、ポール来日中の11月11日に発売されたビートルズの新しいアルバム。と言っても、もちろん新録音ではない。その魅力をライターの和田靜香氏が取材した。
ポール・マッカートニー
週刊朝日 11/29
P・マッカートニーがマイリー・サイラスを擁護。1Dにも言及
P・マッカートニーがマイリー・サイラスを擁護。1Dにも言及
元ビートルズのポール・マッカートニーが英ニュース番組『スカイ・ニュース』とのインタビューにて、舌出しや半裸など8月に開催された【MTVビデオ・ミュージック・アワード】でのパフォーマンスで波紋を呼んだポップスター、マイリー・サイラスを擁護した。
ポール・マッカートニー
billboardnews 10/16
ポール・マッカートニー 印税暮らしをせず、なぜステージに?
ポール・マッカートニー 印税暮らしをせず、なぜステージに?
ザ・ビートルズ、ソロなど長年のキャリアの中で、数々の名曲を世に送り出した20世紀最大のスーパースター、ポール・マッカートニー(71)。10月14日にはロックアルバムを6年ぶりにリリース、11月12日からは6年ぶりとなる日本ツアーが始まる。音楽評論家・湯川れい子さんが今もなお衰えないポールの魅力に切り込んだ。
ポール・マッカートニー
週刊朝日 10/16
ポール最新アルバム『NEW』発売記念イベントに佐野元春登場「1989年にポールと会った」
ポール最新アルバム『NEW』発売記念イベントに佐野元春登場「1989年にポールと会った」
11年ぶりの来日公演を控えるポール・マッカートニーの最新アルバム『NEW』のリリースを記念して東京・タワーレコード渋谷店で佐野元春と音楽評論家の萩原健太を迎えてトークイベントが実施された。
ポール・マッカートニー
billboardnews 10/15
第8回 『ポール・マッカートニー:ザ・レジェンド・ロックス・オン』ジェイムズ・カプラン著
第8回 『ポール・マッカートニー:ザ・レジェンド・ロックス・オン』ジェイムズ・カプラン著
■未来へと走りつづけるレジェンド
ポール・マッカートニー
10/15
P・マッカートニー、ビートルズ未発表曲について言及
P・マッカートニー、ビートルズ未発表曲について言及
ポール・マッカートニーが9月23日の夜、間もなくリリースするアルバム『New』からの3曲に加え、ザ・ビートルズやウィングス時代、そしてソロ名義での名曲15曲をハリウッドのブルバードで披露した。
ポール・マッカートニー
billboardnews 9/25
ポール来日めぐってライバルが競り合い 水面下の交渉
ポール来日めぐってライバルが競り合い 水面下の交渉
ポール・マッカートニーが11月にやってくる。“最後の来日公演”ともいわれるなか、7月16日の発表まで二転三転した水面下の交渉を探った。
ポール・マッカートニー
AERA 8/3
週1回、6人だけが鑑賞できる「ビートルズ資料館」
週1回、6人だけが鑑賞できる「ビートルズ資料館」
「ビートルズ台風襲来」「叫んで、泣いて、シビれちゃった」…。1966年のビートルズ来日時、週刊朝日はそう熱気を伝えた。62年にレコードデビューしてから今年で50年。ビートルズは今も音楽界で不動の地位を占め、世界中のコレクターによって、当時の熱気が今に伝えられている。
ポール・マッカートニー
週刊朝日 10/3
初来日時のジョン・レノン は「ビートルズのすべてにうんざりしていた」
初来日時のジョン・レノン は「ビートルズのすべてにうんざりしていた」
1972年から14年間、音楽評論家・湯川れい子氏がDJを務めた伝説のラジオ番組「全米トップ40」。番組内では多くのスターの訃報も伝えてきたが、ジョン・レノンの死は最も衝撃的だったと、湯川氏はいう。当時の様子を音楽ライターの和田静香氏がこう記す。
ポール・マッカートニー
週刊朝日 9/26
この話題を考える
医師676人のリアル

医師676人のリアル

すべては命を救うため──。朝から翌日夕方まで、36時間の連続勤務もざらだった医師たち。2024年4月から「働き方改革」が始まり、原則、時間外・休日の労働時間は年間960時間に制限された。いま、医療現場で何が起こっているのか。医師×AIは最強の切り札になるのか。患者とのギャップは解消されるのか。医師676人に対して行ったアンケートから読み解きます。

あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
ビートルズ来日公演 すごかった熱狂する少女たちと抑え込む警官たちのバトル
ビートルズ来日公演 すごかった熱狂する少女たちと抑え込む警官たちのバトル
週刊朝日
ポール・マッカートニー
週刊朝日 9/26
音楽評論家・湯川れい子も取材困難だったビートルズの熱狂
音楽評論家・湯川れい子も取材困難だったビートルズの熱狂
1966年6月、日本に一大旋風を巻き起こしたビートルズの来日。音楽評論家の湯川れい子さんは、来日公演を主催した読売新聞社の特集雑誌の編集キャップだったが、その彼女をもってしても取材は困難だった。湯川さんが体験した熱狂の様子を、音楽ライターの和田静香さんは次のように書いている。
ポール・マッカートニー
週刊朝日 9/26
1
カテゴリから探す
ニュース
坂本美雨「“無関心”にどう立ち向かうか?と考えた」多数の著名人も参加するガザ人道支援オークションを開催
坂本美雨「“無関心”にどう立ち向かうか?と考えた」多数の著名人も参加するガザ人道支援オークションを開催
坂本美雨
dot. 10時間前
教育
「ビジネス書コーナーに乱入! 縁がつないだリアルなビジネス対談本を出版」稲垣えみ子
「ビジネス書コーナーに乱入! 縁がつないだリアルなビジネス対談本を出版」稲垣えみ子
稲垣えみ子
AERA 7時間前
エンタメ
〈月9「海のはじまり」第4話きょう〉目黒蓮が「先生、教えてください」と演技の教えを乞う女優は? 
〈月9「海のはじまり」第4話きょう〉目黒蓮が「先生、教えてください」と演技の教えを乞う女優は? 
目黒蓮
AERA 3時間前
スポーツ
松山英樹ら4人全員が“射程圏内” パリ五輪、ゴルフ日本代表は男女ともにメダルの期待高まる
松山英樹ら4人全員が“射程圏内” パリ五輪、ゴルフ日本代表は男女ともにメダルの期待高まる
ゴルフ
dot. 6時間前
ヘルス
【心臓手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立循環器病研究センター、2位は川崎幸病院
【心臓手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は国立循環器病研究センター、2位は川崎幸病院
いい病院
dot. 7/21
ビジネス
「いよいよパリ五輪 「すい星のごとく現れるスター」にワクワク」ローソン社長・竹増貞信
「いよいよパリ五輪 「すい星のごとく現れるスター」にワクワク」ローソン社長・竹増貞信
竹増貞信
AERA 8時間前