吉井妙子

吉井妙子

吉井妙子の記事一覧
〈史上初2度の満票MVP〉大谷翔平は苦難も楽しんでいる スポーツジャーナリストが注目する「達観した」言葉
〈史上初2度の満票MVP〉大谷翔平は苦難も楽しんでいる スポーツジャーナリストが注目する「達観した」言葉
大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手がMVP(最優秀選手)に選ばれた。2021年にMVP受賞にしたときに続き記者30人による満票で、2回目の満票受賞は大リーグ史上初めての快挙だ。今シーズンの大谷選手はどのように評価されてきたのか。AERA dot.で配信した記事をお届けする。(この記事はAERA2023年8月14-21日合併号の記事を2023年8月12日にAERA dot.で配信したもので、再編集しました。本文中の年齢・肩書は掲載当時のまま)
大谷翔平
AERA 11/17
笑いの力で若者と政治をつなぐ 笑下村塾代表・たかまつなな
笑いの力で若者と政治をつなぐ 笑下村塾代表・たかまつなな
笑下村塾代表、たかまつなな。大学生のときに芸人としてデビュー、NHKの職員になった後に、時事YouTubeになり、今は「笑下村塾」の代表も。肩書はたくさんあるが、一貫してたかまつななは「若者と政治をつなげたい」「日本を良くしたい」という思いで動いてきた。その一つが、「主権者教育」の出前授業。あなたには社会を変える力があるのだと、笑いと共に子どもたちへ熱い思いを届ける。
現代の肖像
AERA 9/22
「私は日本人以上に日本人の秘めた能力を理解している」 バスケ男子日本代表HCトム・ホーバスが語っていた指導論
「私は日本人以上に日本人の秘めた能力を理解している」 バスケ男子日本代表HCトム・ホーバスが語っていた指導論
バスケットボールのW杯で、アジア最上位に輝き48年ぶりに自力での五輪出場を決めるなど快進撃をみせた男子日本代表。そのチームを率いたのが、トム・ホーバスだ。23歳のときに来日し、トヨタで仕事をしながら選手としてプレーをし、2年前には、東京五輪で女子日本代表を銀メダルに導いた。本人や関係者を取材し、人物像に迫ったAERA2022年2月28日号の現代の肖像の全文を掲載する。(肩書や年齢は掲載当時のまま)
バスケットボールW杯
AERA 9/5
イチロー、三苫薫、大坂なおみも… なぜアスリートの言葉は心に刺さるのか
イチロー、三苫薫、大坂なおみも… なぜアスリートの言葉は心に刺さるのか
第一線で戦い続けるアスリートたちの身体から絞り出された言葉は、スポーツの枠を超えて私たちの心に突き刺さる。スポーツジャーナリストが選んだ珠玉の名言を紹介する。AERA 2023年8月14-21日合併号の記事から。
アスリート名言大谷翔平イチロー三笘薫
AERA 8/13
【写真特集】アスリートの言葉 名言
【写真特集】アスリートの言葉 名言
なぜアスリートの言葉は私たちに刺さるのか 第一線で戦い続けるアスリートたちの身体から絞り出された言葉は、 スポーツの枠を超えて私たちの心に突き刺さる。 スポーツジャーナリストが選んだ珠玉の名言を紹介する。
アスリート名言大谷翔平イチロー三笘薫井上尚弥
AERA 8/13
大谷翔平は苦難も楽しんでいる スポーツジャーナリストが注目する「達観した」言葉
大谷翔平は苦難も楽しんでいる スポーツジャーナリストが注目する「達観した」言葉
投打の二刀流で異次元の活躍を見せる大谷翔平選手。プレーだけでなく、発言にも注目したい。スポーツジャーナリストが印象に残った大谷選手の言葉とは。AERA 2023年8月14-21日合併号の記事を紹介する。
大谷翔平
AERA 8/12
千葉ロッテ監督・吉井理人が「コミュニケーション・モンスター」に変身したきっかけとは
千葉ロッテ監督・吉井理人が「コミュニケーション・モンスター」に変身したきっかけとは
WBCでの日本優勝の余韻は、まだ残る。名場面が何度も生まれたが、世界最強の投手陣を編成したのが吉井理人だ。今シーズンから千葉ロッテマリーンズの監督に就任。血気盛んだった選手時代とは変わり、おやじギャグを交えて率いる。自分が選手だったときに嫌だったことはやらない。まずは選手を観察する。ときにやせ我慢をしつつ、勝利を引き寄せる。
吉井理人
AERA 7/21
「これからの時代の資産は、お金ではなく“繋がり資産”」 社会活動家・石山アンジュ
「これからの時代の資産は、お金ではなく“繋がり資産”」 社会活動家・石山アンジュ
社会活動家・石山アンジュ。人は血がつながっていなくても家族になれるか。そんな試みのもと、約60人が「新しい家族」として東京・渋谷に住んでいる。石山アンジュは、この共同コミュニティー「Cift」の立ち上げ人の一人。これからの時代は、人とのつながりが資産になるという。奪わない、独り占めしない。自分の余白を差し出し、それをシェアし合って人がつながることができたら、世界だって平和になる。
現代の肖像
AERA 7/3
「クレージーと誰も僕を信じてなかった」自信を吹き込みバスケ女子を五輪銀メダルに導くバスケ男子日本代表HC トム・ホーバス
「クレージーと誰も僕を信じてなかった」自信を吹き込みバスケ女子を五輪銀メダルに導くバスケ男子日本代表HC トム・ホーバス
バスケットボール男子日本代表ヘッドコーチ、トム・ホーバス。東京五輪でバスケ女子が銀メダルに輝いた。バスケで日本がメダルを取るのは初めて。率いたのが、トム・ホーバスだった。23歳のときに来日し、トヨタで仕事をしながら選手としてプレーをした。その後、女子バスケのコーチの声がかかった。通訳はつけずに、自分の言葉で語りかける。昨年から男子バスケ日本代表のヘッドコーチとなった。新しい旅が始まる。
現代の肖像
AERA 2/27
美術家・長坂真護 ガーナの電子廃棄物をアートに 現地でリサイクル工場の建設を目指す
美術家・長坂真護 ガーナの電子廃棄物をアートに 現地でリサイクル工場の建設を目指す
美術家、長坂真護。ガーナのアグボグブロシーには、先進国から大量の電子廃棄物が持ち込まれる。その処理で30代で亡くなる人も多い。資本主義のなれの果てを目の当たりにした長坂真護は、その電子廃棄物を利用してアートを作り始めた。作品の売り上げは、アグボグブロシーのために投資。「持続可能な資本主義」を提唱し、世界を変えるために絵筆をとる。
現代の肖像
AERA 10/9
1 2
AERA創刊2000号 時代を歩く

AERA創刊2000号 時代を歩く

AERAは今年創刊35周年、11月20日号で通巻2000号を迎えました。 さまざまなニュースから社会を読み解き、AERAは時代と共に歩んできました。 2023年のいま、私たちは未来をどう歩くのか。一緒に考えてみませんか?

東京が進化する <再開発ルポ>

東京が進化する <再開発ルポ>

虎ノ門・麻布台・渋谷・日本橋、下北沢――。 いま、東京は「100年に一度」と言われる再開発ラッシュだ。 成熟期にある国際都市として、首都・東京はどう変貌を遂げるのか。 模索されているのは、”個性”を生かした街づくりだ。

東京再開発
昭和レトロが心地よい

昭和レトロが心地よい

クリームソーダにナポリタン、ファミコンにダイヤル式の電話、アナログレコード…。 昭和のカルチャーが、いま、若い世代に人気です。なぜ人は昭和レトロに惹かれるのか。 懐かしくて新しい世界を、もう一度覗いてみませんか?

レトロ
性犯罪を許さない

性犯罪を許さない

性犯罪はあってはならない。なぜ、声をあげた人が責められ、被害者が自責の念にかられ、人が口をつぐむ、といったことが起こるのか。私たちの社会には、考えを深め改善すべきことが多くある。さまざまな視点から取材した。

性犯罪
カテゴリから探す
ニュース
〈きょう会見・日大アメフト部問題の行方〉林真理子氏、日大理事長就任時には「志願者数をトップにしたい」
〈きょう会見・日大アメフト部問題の行方〉林真理子氏、日大理事長就任時には「志願者数をトップにしたい」
林真理子
週刊朝日 1時間前
教育
「すでにキョンもいるはずだ」 人工物が一切ない「江戸川沿い」の風景を撮り続けてきた写真家・岡嶋和幸
「すでにキョンもいるはずだ」 人工物が一切ない「江戸川沿い」の風景を撮り続けてきた写真家・岡嶋和幸
アサヒカメラ
dot. 4時間前
エンタメ
〈しゃべくり007きょう出演〉「藤原紀香」50歳超えてもショートパンツで人生を謳歌 トゲトゲしさ取れ“アンチ”も減った?
〈しゃべくり007きょう出演〉「藤原紀香」50歳超えてもショートパンツで人生を謳歌 トゲトゲしさ取れ“アンチ”も減った?
梨園
dot. 1時間前
スポーツ
久保建英らのビッグクラブ移籍はあるのか 去就に注目集まる4人の海外組、気になる今後は
久保建英らのビッグクラブ移籍はあるのか 去就に注目集まる4人の海外組、気になる今後は
サッカー
dot. 4時間前
ヘルス
「臨床試験」と「治験」は何が違う? 必ず効果が得られるとは限らない【医師が解説・がんキーワード】
「臨床試験」と「治験」は何が違う? 必ず効果が得られるとは限らない【医師が解説・がんキーワード】
がん
dot. 12/3
ビジネス
「リスキリングのポイントは、思い立ったら『誰でも、いつからでも』」ローソン・竹増貞信社長
「リスキリングのポイントは、思い立ったら『誰でも、いつからでも』」ローソン・竹増貞信社長
竹増貞信
AERA 5時間前