「鉄道」に関する記事一覧

  • 諸河久

    諸河久

    車の真横を特急電車が走っていた? いまでは見られない「道路併用」高速電車

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は特別編として私鉄の特急電車が

    AERA

    10/16

  • 山手線を一周して、乗車駅で下車したときの運賃はいくらか?

     鉄道への造詣が深い地理・地図研究家、浅井建爾氏の新著『読めば読むほどおもしろい 鉄道の雑学』からの抜粋で、鉄道にまつわる素朴な疑問をわかりやすく読み解く。今回は、JR山手線を一周した際の運賃、乗車券

    ダイヤモンド・オンライン

    10/5

  • 諸河久

    諸河久

    北九州市の路面電車に市民が乗れない「市電」があった? 53年前の貨物列車とよれよれ三輪トラック

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回も、街中の電車道をゴトゴト走る

    AERA

    10/2

  • JR特急が停車しない、那覇以外の唯一の県庁所在地はどこか?

     鉄道への造詣が深い地理・地図研究家、浅井建爾氏の新著『読めば読むほどおもしろい 鉄道の雑学』からの抜粋で、鉄道にまつわる素朴な疑問をわかりやすく読み解く。今回は、JR特急の止まらない県庁所在地と、新

    ダイヤモンド・オンライン

    9/22

  • 諸河久

    諸河久

    54年前、閑静な「日光」の街中をゴトゴトと音を立てて走る貨物列車 その運転速度は?

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は視点を変えて、街中の電車道を

    AERA

    9/18

  • 銚子電鉄 「せんべい屋になれ」重なる試練と「エンタメ鉄道」にかける心意気

     元々崖っぷちの銚子電鉄が、コロナ禍でさらなるピンチに陥っている。株主からは「鉄道廃止」発言も飛び出した。復活のカギは何か。AERA 2021年9月6日号から。*  *  * 煎餅(せんべい)屋になる

    AERA

    9/5

この人と一緒に考える

  • 諸河久

    諸河久

    大阪と神戸を結んで日本一の距離だった路面電車「阪神国道線」の55年前 その運賃はいくら?

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。夏の季節にちなんだ「路面電車 夏の

    AERA

    9/4

  • 諸河久

    諸河久

    57年前「夏の大阪」を疾走する路面電車 全国屈指の乗降客数だった巨大ターミナルとは?

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。夏の季節にちなんだ「路面電車 夏の

    AERA

    8/21

  • 諸河久

    諸河久

    京都の57年前「五山の送り火」で有名な大文字山をバックに走る路面電車 「京町家」の光景も

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。 夏の太陽が輝く都会の街角を一陣の

    AERA

    8/7

  • 諸河久

    諸河久

    前回の東京五輪前「オリンピック道路」建設で総工事! いまとはまるで違う58年前「青山通り」

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。夏の季節にちなんだ「路面電車 夏の

    AERA

    7/17

  • 諸河久

    諸河久

    渋沢栄一の肝いり「帝国劇場」と優雅な「東京會舘」 58年前の日比谷と都電に明治の余韻

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。夏の季節にちなんだ「路面電車 夏の

    AERA

    7/10

  • 諸河久

    諸河久

    昭和の生活感みなぎる残暑厳しい52年前の「横浜」 高度経済成長まっ只中に走った路面電車

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。夏の季節にちなんだ「路面電車 夏の

    AERA

    6/26

この話題を考える

  • 諸河久

    諸河久

    横浜三塔「キングの塔」の眼下を走る53年前の路面電車 美しき「クイーンの塔」には蒸気列車が!

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回から夏の季節にちなんだ「路面電

    AERA

    6/19

  • 諸河久

    諸河久

    路面電車はなぜ「ちんちん電車」と呼ばれたのか? イメージぴったりの87年前「東京市電」

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は、路面電車が「ちんちん電車」

    AERA

    6/5

  • 諸河久

    諸河久

    新緑美しい「函館山」を望む路面電車 観光用で人気の単車はかつて除雪車だった?

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は、復刻されて各地で活躍してい

    AERA

    5/22

  • 諸河久

    諸河久

    西の単車天国「神戸」を走る50年以上前の路面電車 街に溶け込んだアメリカンスタイル!

     1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回も引き続き「単車」と呼ばれた四

    AERA

    5/8

  • 全国ローカル線の岐路 コロナ&老朽化で「下から切るしかない」

    「新たな利用状況では、これまでの『内部補助』によって成立してきたローカル線の維持が非常に難しくなっている」 JR西日本の長谷川一明社長が2月の定例会見で、コロナ禍の鉄道経営にこう踏み込んだ。 内部補助

    週刊朝日

    4/26

  • “廃線”だけど地域活性化 道の駅やトンネルきのこ栽培も

    “地域の足”として生活を支えてきたローカル鉄道。少子高齢化による利用者減少で赤字路線が増えるなか、新型コロナウイルス感染拡大の影響が鉄道業界を直撃、まさに「存廃」の岐路に立つ。

    週刊朝日

    4/25

1 2 3 4 5

カテゴリから探す