「内田樹」に関する記事一覧

内田樹「公共財を私財に付け替える現代 ポストモダンは近代以前へ退行する」

内田樹「公共財を私財に付け替える現代 ポストモダンは近代以前へ退行する」

 哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 講演会では時に思いがけない質問を受けることがある。先日は「ポストモ

AERA

10/13

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「合同墓の恒例行事『お墓見』に人類学的真理の不変さを思う」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 今年も「お墓見」の季節がやってきた。一昨年の暮れに、釈徹宗先生が住

    AERA

    9/29

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「総裁選より注視すべきは米中両国で喫緊のトピックである『台湾侵攻』だ」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 台湾出身で上海に出向中の門人が一時帰国して挨拶(あいさつ)に見えた

    AERA

    9/15

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「官僚の無謬性神話がコロナ禍の医療と教育現場の疲弊を生んだ」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 私の友人で医療経済学者の兪炳匡(ゆうへいきょう)先生が神奈川県での

    AERA

    9/1

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「検証されないコロナ対策の成否 論理的に破綻している政策の行く末は」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * この原稿が活字になる頃に、コロナの感染状況はどうなっているだろう。

    AERA

    8/11

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「座視できない五輪の無理押し 今こそ再び、五輪中止を求める」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 再び五輪中止を求める。「その話はもう飽きた」という読者もおられるだ

    AERA

    7/14

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「暴走する政府と組織委 五輪有観客開催を強行するなら科学的根拠を」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 東京五輪有観客開催に向けて、政府と組織委の暴走が止まらない。パンデ

    AERA

    6/30

この人と一緒に考える

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「戦中派の集団的合意で封印した戦争 歴史修正主義者たちの跳梁を許すことに」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 理事をしている大学から社会人対象のリカレントカレッジの教養講座3回

    AERA

    6/16

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「感染リスクを確実に増大させる東京五輪 開催に固執する真の理由とは」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * ワクチン接種の案内がうちにも届いた。かかりつけの病院に電話をしたら

    AERA

    6/2

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「児童生徒の夢を管理したがる文科省 最短距離・最短時間=最善ではない」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  *「夢」という言葉が子どもたちにとって抑圧的なニュアンスを持つ言葉にな

    AERA

    5/19

  • 内田樹「文科省は大学の手を縛ってはならない」 オンライン・対面授業どうあるべきか

     一律に「オンラインにしろ」というわけにはゆかないし、一律に「対面に戻せ」というわけにもゆかない。最適の組み合わせは大学が決めるべきだ――大学に対して対面授業実施を求める文部科学省の姿勢を、内田樹氏は

    dot.

    5/7

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「以前にもあった『たいへんな時代』のおかげで現状に絶望せずに済んでいる」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 病気と怪我(けが)の予後を養うために、旧友たちと湯治に出かけた。さ

    AERA

    4/28

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「日本のテクノロジー劣化はイエスマンで組織が埋め尽くされているせいだ」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 新聞を開いたら一面トップは「企業管理ツール『トレロ』で利用者の個人

    AERA

    4/14

この人と一緒に考える

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「米国内のワクチン接種の“原則”は、今の日本では到底期待できない」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 米ウィスコンシン州の州都マディソンで暮らしているゼミの卒業生がとき

    AERA

    3/31

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「マルクス解説本が中韓で翻訳も、背景に全く異なる事情がある」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  *『若者よ マルクスを読もう』というシリーズ本を経済学者の石川康宏さん

    AERA

    3/17

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「身の程を知れ、というメッセージは『また日本が貧乏になった』と得心した」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 新聞からの電話取材で森喜朗前五輪・パラ組織委会長の発言についてのコ

    AERA

    3/3

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「性差別的で非能力的な日本の人事。森会長辞任に忠誠さ重んじる組織の末路を見た」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 公式会議で女性蔑視発言を行ったことが国際的な批判を浴びた森喜朗五輪

    AERA

    2/17

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「コロナによる授業の詰め込みで、学校が“荒れている”のではないか」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 高校生の自殺者が増えている。厚生労働省は進路の悩みや学業不振が要因

    AERA

    2/3

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「習近平の強権的なふるまいは、中国内でやがて訪れる超少子化・超高齢化の不安から」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 習近平主席の強権的な政治はこれからも続くのだろうか。中国共産党の党

    AERA

    1/20

1 2 3 4 5

カテゴリから探す