「内田樹」に関する記事一覧

内田樹「小田嶋隆さんからの最後の贈り物 気づかいに胸を衝かれた」

内田樹「小田嶋隆さんからの最後の贈り物 気づかいに胸を衝かれた」

 哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 小田嶋隆さんが亡くなった。出先で受けた追悼文寄稿の依頼メールで亡く

AERA

1時間前

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「ガンファイトで消えたカウボーイ 19世紀資本主義が求めたのは『ホームステッダー』だった」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * ある大学で社会人対象の夜学を担当している。今期は「西部劇に見るアメ

    AERA

    6/22

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「卓越した知性は怒りの感情を動員しなくても人を説き伏せられる」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 見知らぬ人がメールやSNSでいきなり「お前」と呼び捨てにして罵倒の

    AERA

    6/8

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「日韓併合時代を素材にした『娯楽作品』を作る韓国・作らない日本」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * ミン・ジン・リーの小説『パチンコ』がドラマ化されて、配信されている

    AERA

    5/25

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「自分を変えることに抵抗する、幼児性・土着性に居着く日本のオヤジたち」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 私の道場では週1度座卓を並べてゼミをしている。私は病的な出不精(で

    AERA

    5/11

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「『ドライブ・マイ・カー』の魅力は、ほとんどの台詞が聴き取ることができないこと」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 米アカデミー賞国際長編映画賞を受賞した映画「ドライブ・マイ・カー」

    AERA

    4/20

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「教育を語る言葉の中にはその時代の基幹産業が反映されている」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 教育を語る時の語彙(ごい)にはその時代における基幹産業の用語が混入

    AERA

    4/6

この人と一緒に考える

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「ウクライナを舞台にした映画にみる、苦労と政治的成熟について」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * ロシアのウクライナ侵略についていろいろな人から意見を求められる。門

    AERA

    3/9

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「多様性と包摂こそが人口減の社会を生き延びるための必須条件だ」」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * コロナのせいで海外との行き来が難しくなり、恒例の韓国講演旅行も2年

    AERA

    2/23

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「都市部のみが居住可能になると『人口減で巨利を得る仕組み』ができる」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * ある農業団体から講演の依頼があった。演題は「ポストコロナの農業」。

    AERA

    2/9

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「中国の喫緊の危機は人口減問題 解決策が奏功する見込みは薄い」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 中国にとっての喫緊の危機は台湾海峡の軍事的緊張よりむしろ人口減問題

    AERA

    1/26

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「生涯の友とするには『よくわからないが愉快』『約束を必ず守る』で十分だろう」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 旧友平川克美君が店主であるところの隣町珈琲での新年会に誘われて上京

    AERA

    1/12

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「AI時代に食いっぱぐれない仕事は『人手が必要な領域』である」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * このところ中学生高校生やその保護者たちの前で講演する機会が続いた。

    AERA

    12/22

この話題を考える

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「私大の『ガバナンス強化』のための理事会無力化は大学人から権限奪う」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 今、政府部内で私学経営のかたちを一変させる法案が検討されている。私

    AERA

    12/8

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「地方移住の課題は情報不足 雇用やビジネスチャンスつなぐ支援を」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 瀬戸内海に牛窓という古くからの港町がある。そこに映画監督の想田和弘

    AERA

    11/24

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「候補者が踏んだ『どぶ板』が当落を左右した衆院選 議員の適性やいかに」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 選挙前にいくつかのメディアから「総選挙の争点は何でしょう?」と訊(

    AERA

    11/10

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「中国の教育は『科挙』から『双減』へ 人口激減と超高齢化を見越した方針転換か」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 中国政府が7月に「双減政策」を発表した。「双減」とは「宿題を減らす

    AERA

    10/27

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「公共財を私財に付け替える現代 ポストモダンは近代以前へ退行する」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 講演会では時に思いがけない質問を受けることがある。先日は「ポストモ

    AERA

    10/13

  • 内田樹

    内田樹

    内田樹「合同墓の恒例行事『お墓見』に人類学的真理の不変さを思う」

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 今年も「お墓見」の季節がやってきた。一昨年の暮れに、釈徹宗先生が住

    AERA

    9/29

1 2 3 4 5

カテゴリから探す