書評『ホテル御三家 帝国ホテル、オークラ、ニューオータニ』 山川清弘著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

ホテル御三家 帝国ホテル、オークラ、ニューオータニ  山川清弘著

このエントリーをはてなブックマークに追加
平山瑞穂書評#話題の新刊

 海外からの宿泊客の間でも、外資系のラグジュアリーホテルに引けを取らない高評価を浴びつづけている帝国ホテル、オークラ、ニューオータニの「ホテル御三家」。遠く明治時代から始まるその歴史をひもといてみれば、三者が思いもかけぬ入り組んだ因縁を背景に、単なるライバルであることを超えて互いをもり立て、日本のホテル業界を牽引してきた道筋が見えてくる。

 伝統を重んじつつも常に自己研鑽を怠らず、新しいチャレンジを繰り返しながら、幾多の困難を乗り越えてきた三つのホテル。観光業界にとって大きな痛手となるコロナ禍のさなかだからこそ、この三者の積んできた努力や創意工夫の足跡を辿る意義がある。数々のトリビアにも事欠かないこの本で、世界を唸らせる日本ならではの「おもてなし」の神髄に触れたい。(平山瑞穂)

週刊朝日  2020年7月31日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい