書評『京大吉田寮』写真=平林克己 文=宮西建礼・岡田裕子 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

京大吉田寮 写真=平林克己 文=宮西建礼・岡田裕子

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝山実書評#話題の新刊

京大吉田寮

克己, 平林,建礼, 宮西,裕子, 岡田

space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 現存する日本最古の学生寮でありながら、京都大学から退去を迫られている「吉田寮」の内部を写した写真集。

 相部屋の共同生活。今風の男女に交じってバンカラを思い起こさせるいでたちの若者。さらに猫に鶏。寮生の自治によって100年以上にわたり守られてきた「時間」がうかがえる。目を引くのは本の多さだ。図書館のようなマンガ部屋もある。

 木造の天井を伝う配線。柱や壁に留められて、ひらめくビラ。蛍光灯の下、廊下に置かれた机を挟み、将棋をしているのか討論中なのか二人が向き合っている。それをサンダル履きの学生が立って眺めている。じっと見入ってしまう写真が続く。

 59歳で入学した元銀行員や、入寮パンフを見て受験した学生など、入寮の動機も様々。これが消えるとしたらもったいなさすぎる。(朝山実)

週刊朝日  2020年2月21日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい