書評『半グレと金塊 博多7億円金塊強奪事件「主犯」の告白』野口和樹著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

半グレと金塊 博多7億円金塊強奪事件「主犯」の告白 野口和樹著

このエントリーをはてなブックマークに追加
栗下直也書評#話題の新刊

 2016年夏、白昼堂々と博多駅前で約6億円相当の金塊が奪われた。「平成の3億円事件」と呼ばれたこの事件の主犯者が真相を告白する。

 小さい頃から札付きのワルで10代後半からは犯罪しては捕まっての繰り返し。勾留中に脱走するなど怖い物知らず。ほとんど塀の外にいないのではと思うほど、犯罪と逮捕の描写が続く。金塊事件は起こるべくして起こったようにも映るが、当時の彼は起業で成功し、まっとうに生きようとしていた。金にも困っていない中、なぜ大胆な犯罪に手を染めたのか。一人語りなので割り引く必要もあるが、語られる事件の舞台裏には客観的な材料もあり、読み手はうならされる。

 芸人による「闇営業」が世間を賑わしたが著者がその渦中のひとりでもあったことが、本書に不思議な厚みをもたせている。(栗下直也)

週刊朝日  2019年12月6日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい