「国連式」世界で戦う仕事術

話題の新刊

2019/10/25 18:04

 著者は国際機関で28年間働き、最後は国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の駐日代表を務めた。都内の大学で開講中の講座「国際機関で働いてグローバル人材になる」をもとに、働き方や生き方のヒントを提供する。

あわせて読みたい

  • 【追悼・緒方貞子さん】その実像と凄みを長年取材した記者が明かす

    【追悼・緒方貞子さん】その実像と凄みを長年取材した記者が明かす

    dot.

    11/16

    緒方貞子さんは『冒険ダン吉』だった 旧知の記者に語った組織運営の心得

    緒方貞子さんは『冒険ダン吉』だった 旧知の記者に語った組織運営の心得

    AERA

    11/11

  • 履歴書に「ラクダの放牧」 難民ら価値観の違いなどで就労に苦労

    履歴書に「ラクダの放牧」 難民ら価値観の違いなどで就労に苦労

    AERA

    1/7

    産休、育児休暇… 国連の労働環境 本当のところ

    産休、育児休暇… 国連の労働環境 本当のところ

    AERA

    10/28

  • 「人間の安全保障」を阻む6つの脅威とは? 国連事務総長が上智大学で語ったこと

    「人間の安全保障」を阻む6つの脅威とは? 国連事務総長が上智大学で語ったこと

    dot.

    1/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す