書評『競歩王』額賀 澪著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

競歩王 額賀 澪著

このエントリーをはてなブックマークに追加
二宮 郁書評#話題の新刊

競歩王

額賀 澪

978-4334913076
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 競歩とは「歩くという実に人間らしい行為を、ルールという実に人間らしい囲いの中で磨き上げる」こと。

 天才高校生作家として華々しくデビューした主人公の榛名忍は、大学生になりスランプに陥っていた。そんな時に、次に選んだ小説の題材が「競歩」だった。スポーツ経験のない彼は、何気無く見学していたグラウンドで同大学唯一の競歩選手である陸上部の八千代篤彦と出会う。いかに速く「歩く」か、に特化した独特なフォームは、スランプという沼に陥ってもがく忍の目に苦しそうに映る。箱根駅伝の夢を諦め、競歩に希望を見出そうとする選手の姿と、スランプに陥る小説家の葛藤が読み手の胸を締め付ける。

 上手に夢を見られなかった人へ、それでもあがいてしまう人へ贈る、青春を追体験させてくれる小説だ。(二宮 郁)

週刊朝日  2019年10月25日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい