書評『同調圧力』望月衣塑子、前川喜平、マーティン・ファクラー著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

同調圧力 望月衣塑子、前川喜平、マーティン・ファクラー著

このエントリーをはてなブックマークに追加
金田千里書評#話題の新刊

同調圧力 (角川新書)

望月 衣塑子,前川 喜平,マーティン・ファクラー

978-4040823027
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 自著『新聞記者』が同名映画の原案となった東京新聞社会部記者と、元文部科学事務次官、元ニューヨーク・タイムズ東京支局長が、「同調圧力」をキーワードに日本のジャーナリズムや組織の問題点を指摘した。巻末には、映画の劇中座談会も収録する。

 日々の官房長官会見で厳しい質問を続ける望月氏は、記者クラブや番記者制度の問題点を指摘し、誰のために報道するのか何のための記者かを見失わなければ、圧力に屈することはないと記す。前川氏は官僚組織には「遅れず、休まず、働かず」が蔓延し、教育現場でも同調圧力と忖度によって不当な政治的介入が起きていると語る。ファクラー氏は権力者から直接情報を得るアクセス・ジャーナリズムの危険性を説き、調査報道の充実を訴える。社会の同調圧力について大いに考えさせられる。(金田千里)

週刊朝日  2019年9月6日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい