書評『往復書簡 初恋と不倫』坂元裕二著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

往復書簡 初恋と不倫 坂元裕二著

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル書評#話題の新刊

往復書簡 初恋と不倫

坂元裕二著

978-4898154618
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

「カルテット」「Mother」「最高の離婚」など、人気ドラマの脚本家・坂元裕二が、過去に手がけた2作の朗読劇の書籍化。

 収載の2編とも、2人の登場人物の会話(メールのやり取り)だけで進められる会話劇で、いわゆるト書きは一切なし。

 シンプルでありながら臨場感のある言葉のやり取り、絶妙なテンポ、細かなディテール、やり取りの中での少しのズレ。2人の登場人物のやり取りを追ううちに、いつの間にか大きくふくらんでいたイメージの世界にどっぷり誘われていたことに気づく。

 余計な具材なし、だからこそ、心のむき出しになった部分を触られるような、“坂元ワールド”を濃密に味わうことができる気がする。ドラマ後もなお続く「カルテットロス」の解消にも。 

週刊朝日  2017年9月29日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい