暴政

ベストセラー解読

2017/09/06 11:18

 ティモシー・スナイダーの『ブラックアース』は衝撃的だった。ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の現実を暴いたからだ。殺戮はドイツ国内で起きたと思われがちだが、犠牲者の97パーセントは当時のドイツ国外にいた。そして、殺戮に手を貸したのは一般市民だった。つまりぼくたちは、状況次第でいつでも虐殺者になりうる。

あわせて読みたい

  • 手塚治虫の名作の背景に、日本のユダヤ人社会があった
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    手塚治虫の名作の背景に、日本のユダヤ人社会があった

    dot.

    2/1

    ファシズムの教室 なぜ集団は暴走するのか

    ファシズムの教室 なぜ集団は暴走するのか

    週刊朝日

    7/6

  • ドイツと日本「過去との向き合い方」その違いは

    ドイツと日本「過去との向き合い方」その違いは

    AERA

    8/22

    150万人が虐殺…「ホテル・ルワンダ」の監督が描く アルメニアの知られざる悲劇

    150万人が虐殺…「ホテル・ルワンダ」の監督が描く アルメニアの知られざる悲劇

    AERA

    2/18

  • ナゴルノ紛争の当事国、アルメニアはどんな国? アルメニア人とユダヤ人の共通点
    筆者の顔写真

    Nissim Otmazgin

    ナゴルノ紛争の当事国、アルメニアはどんな国? アルメニア人とユダヤ人の共通点

    dot.

    10/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す